個人事業主やフリーランスがよく使う必要経費の勘定科目一覧

公開日:2018年12月14日
最終更新日:2019年01月30日

目次

  1. 知っておきたい節税対策
    • 少額減価償却資産の特例
    • 減価償却
    • 家族への給与
    • 税理士をお探しの方

租税公課

個人事業税、固定資産税などの事業に関わる税金のほか、不動産所得税、自動車税、登録免許税、印紙税等の税金や、印鑑証明書の手数料などを処理するための勘定科目です。

ただし、所得税、都道府県民税、市町村民税、住民税などは事業主個人にかかる税金なので租税公課として処理することはできず、「事業主貸」で処理します。
「事業主貸」:個人事業主が生活費としてお金を引き出した場合など、事業と関係なく個人的に使用したものを処理すること。
また、租税公課のうち、延滞税や加算税などの懲罰的な意味をもつものは税法上、損金に算入することはできません。

{仕訳例}
「収入印紙を購入して、2万円を支払った。」
借方 租税公課 20,000
貸方 現金 20,000

荷造運賃

製品や商品を得意先に届けるためにかかるトラック運賃や、航空貨物運賃等の費用は「荷造運賃」で計上します。
梱包する際の資材(ガムテープや、段ボール)も、荷造運賃で処理します。

{仕訳例}
「梱包用の段ボール、ガムテープを購入し。代金2万円を支払った。」
借方 荷造運賃 20,000
貸方 現金   20,000

水道光熱費

事務所や工場などで使う水道やガス、電気、灯油代などの費用は、水道光熱費で処理します。
自宅を事務所と兼用している場合には、光熱費を仕事用の経費と個人的な費用を時間で按分します。

個人的な費用は経費とならないので、事業主貸として処理します。

{仕訳例}
「電気代2万円が、普通預金から引き落とされた。」
借方 水道光熱費 20,000
貸方 普通預金  20,000

{仕訳例}
「自宅兼事務所の光熱費10万円が、普通預金から引き落とされた。自宅は6割、事務所は4割で按分した。」
借方
水道光熱費 40,000
事業主貸  60,000
貸方
普通預金  100,000

旅費交通費

仕事で利用した交通費や、出張の際の旅費、宿泊費、日当などは旅費交通費として計上します。
領収書がない場合には、日付、目的、行先、金額をまとめた書類を作成することになります。

{仕訳例}
「打ち合わせのために電車で往復1,000円使った。」
借方 旅費交通費 1,000
貸方   現金  1,000

通信費

ネット関連の費用や、電話料金、バイク便などの通信手段で使った費用は、通信費として計上します。
事業とプライベートで同じ通信端末を利用しているような場合、水道光熱費などのように按分することで、料金の一部を経費として計上できます。
例えば、携帯電話を持っていて、プライベート用で60%、事業で40%程の使用割合であれば、携帯電話の利用料金の40%を「通信費」として経費にできます。
この場合の勘定科目は、携帯電話料金の40%分を「通信費」として必要経費にし、残りの60%分を「事業主貸」としてプライベートな出費として仕訳します。

{仕訳例}
「按分率が事業用70% プライベート用30%の場合で、携帯電話の月額料金8,000円を事業用の普通預金口座から支払った」
借方 通信費 5,600
事業主貸 2,400
貸方 普通預金 8,000

広告宣伝費

事業の広告を作成したり宣伝を行ったりした際の費用は、広告宣伝費として計上します。
販促のためのポスターやチラシ・カタログ等の印刷物、社名入りのカレンダーの作成費、看板、テレビ、ラジオ、インターネット広告などにかける費用が該当します。

{仕訳例}
「社名入りのカレンダーの作成費用10万円を現金で支払った。」
借方 広告宣伝費 100,000
貸方    現金 100,000

接待交際費

事業を円滑に行うために、取引先や仕入先の人と食事や外出をする際にかかる費用は、接待交際費として計上します。
具体的には、取引先や仕入先など、事業に関係のある人と食事にいって料金を支払った場合、中元・お歳暮、手土産、慶弔費、取引先とのゴルフプレー代などを、必要経費にできます。

{仕訳例}
「取引先と打ち合わせを兼ねた食事をして、10,000円を現金で支払った。」
借方 接待交際費 10,000
貸方    現金 10,000

損害保険料

事業を、万が一の事故や災害から守るためにかけた自動車保険、自賠責保険、事業所の火災保険料の費用は損害保険料として計上します。

{仕訳例}
「営業車の自賠責保険料10,000円を現金で支払った場合」
借方 損害保険料 10,000
貸方    現金 10,000

{仕訳例}
「自宅兼事務所(按分50%)の火災保険料が事業用普通預金口座から20,000円引き落とされた場合」
借方
損害保険料 10,000
事業主貸  10,000
貸方
普通預金  20,000

修繕費

修繕費とは、固定資産の修復や現状維持のために使われる費用のことで、事業で使っている自動車の修理、事務所の修理費用などが該当します。

修繕費は、「資本的支出」と区別して計上する必要があり、修繕や改良という名目によるのではなく、その実質によって判定します。
資本的支出とは、固定資産の価値を高めたり、使用期間(耐用年数)を伸ばしたりするために支払う費用のことをいい、資本的支出を行った場合は、減価償却を行います。
ただし、機械の部分品に関する修理や改良などの金額が20万円未満の場合は、支出した金額を修繕費とすることができます。

{仕訳例}
「機械を点検したところ部品の交換が必要だったため一部の部品を同等品と交換し、点検費用1万円と部品代3,000円を現金で支払った。」
借方 修繕費 13,000
貸方 現金  13,000

消耗品費

10万円未満、もしくは法定耐用年数が1年未満のものを購入する際の費用は消耗品費として計上します。
具体的には、文房具、インク、名刺、伝票、印鑑、作業用机、10万円未満のPCなどが該当します。

{仕訳例}
「蛍光灯500円を現金で購入した。」
借方 消耗品費 500
貸方 現金   500

減価償却費

高額で長期にわたって利用できるもの」は、数年・数十年にわたって少しずつ経費とし、費用は減価償却費として計上します。
例えば、事業で使う小型車を100万円で購入したとします。
小型車は一括で経費にすることはできず、100万円は、減価償却費として使用期間にわたって、経費処理することになります。

{仕訳例}
「小型車100万円を決算につき、耐用年数5年(残存0円)で減価償却費として経費処理した」
100万円÷5年=20万円
借方 減価償却費 200,000
貸方 減価償却累計額 200,000

福利厚生費

従業員の勤労意欲の向上や労働力の確保を目的として、給料以外の方法で与える報酬は福利厚生費として計上します。
従業員への結婚祝い金、お見舞金、香典、運動会、慰安旅行・社員旅行の費用などが該当します。
特定の役員あるいは、特定の従業員に対する支出は、その者に対する給与として取り扱われ、福利厚生費にはならないので、注意が必要です。

{仕訳例}
「従業員へのお見舞金1万円を現金で渡した。」
借方 福利厚生費 10,000
貸方    現金 10,000

給料賃金

従業員へ支払う給料や手当は、給料賃金として計上します。
従業員を雇わず一人で仕事をしている個人事業主であれば、使用しない勘定科目です。
給料賃金の金額は、源泉徴収分などを差し引く前の総支給額になります。

{仕訳例}
従業員の月給が350,000円、健康保険料15,000円、厚生年金25,000円、源泉所得税10,000円を差し引いて、普通預金から支払った。
借方 給料賃金 350,000
貸方 普通預金 300,000
預り金   50,000

外注工賃

外部の業者に仕事を発注した際に払う手間賃や下請け賃料は外注工賃として計上します
例えば、ホームページ運営や電気工事などを外部の業者に頼んだ場合が、該当します。

{仕訳例}
外部の法人に、パンフレットのデザイン代金30万円を普通預金から支払った。
借方 外注工賃 300,000
貸方 普通預金 300,000

支払利息

事業用に借入をした際に支払う利息(金利手数料)や、手形の割引料は、利子割引料として計上します。
例えば、銀行融資や消費者金融、個人からの借入へ返済する際の支払い利息、自動車ローン・住宅ローンの利子などが該当します。

{仕訳例}
短期借入金のうち、返済予定の元本10万円と、利息5,000円を普通預金から支払った。
借方 短期借入金 100,000
支払利息  5,000
貸方  普通預金 105,000

地代家賃

事業で使っている店舗、事務所の賃借料金、駐車場料などは、地代家賃として計上します。個人事業で、自宅兼事務所とする場合には、仕事場の専有面積や営業時間などを按分の根拠として、経費となる地代家賃を計算します。

{仕訳例}
個人事業で、自宅で仕事を請け負っている。家賃15万円で事業として使用しているのは30%、自宅として使用している割合は70%である。
借方 地代家賃  105,000
事業主貸   45,000
貸方  普通預金 140,000

貸倒金

売掛金や未収入金、貸付金などが、得意先の経営悪化や倒産などにより回収不能となった損失金額は貸倒金(貸倒損失)として計上します。
回収できなくなった損失金額については、「貸倒金」として必要経費にすることが認められています。

雑費

少額で他のどの勘定科目にもあてはまらない経費は 雑費として計上します。
ただし、雑費の総額が多額になるのは良くありませんので、雑費で処理している物のなかで、勘定科目で処理すべきものは振り替えて、頻繁に発生するものは、独立した勘定科目を作成しましょう。

{仕訳例}
染地ゴミの処理代として、1万円を支払った
借方 雑費  10,000
貸方 現金  10,000

専従者給与

家族従業員のことを、「専従者」と呼び、専従者への給与を専従者給与として計上します。青色申告の場合、この専従者への給与が経費にできます。

{仕訳例}
事業専従者(妻)へ専従者給与200,000円を支払い、源泉所得税20,000円を控除して、普通預金から支払った。
借方 専従者給与 200,000
貸方 普通預金  180,000
預り金    20,000

知っておきたい節税対策

青色申告を行なうために帳簿づけを行う際には、知っておきたい節税対策があります。
ただし、取りうる節税対策は、個々のケースによって異なりますし、前述した必要経費についても、項目により解釈が難しいものもあるので、その場合は税理士などの専門家に相談するべきでしょう。

少額減価償却資産の特例

「少額減価償却資産の特例」とは、青色申告者の場合は、30万円未満のものであれば一括でその事業年度の経費にすることができるという特例です。
この特例の対象は、2020年3月31日までの間に取得したものに限られます。ただし、この特例の合計限度額は300万円になります。

減価償却

減価償却の計算方法には、定率法と定額法がありますが、個人事業の場合は、基本的に定額法で計算します。
減価償却を定率法で計算する場合には、あらかじめ申請を出して許可をとる必要があります。
(平成28年4月1日以降は、建物附属設備・構築物について定率法による減価償却が廃止)
例えば、2018年1月に40万円のパソコンを買って1月から使い始めた場合、パソコンの耐用年数は4年と定められているため、償却率は0.25となりますので、「40万円×0.25= 10万円」で計算し、2018年度に経費として計上する減価償却費は、10万円になります。

家族への給与

家族を従業員にしている場合、専従者給与を経費として計上でき、課税対象額から差し引くことができるため、所得税上、大きな節税効果があります。
ただし、事業者と生計を一にしていて、年齢が15歳以上という条件があり、支払える給料は「青色事業専従者給与に関する届出書」に記載した範囲までなので、注意が必要です。
青色申告をする場合は、給与の全額を経費にすることができ、白色申告をする場合は、専従者1人あたり50万円(配偶者は86万円)が限度となります。

###消費税や固定資産税を経費にできる
事業で使う物やサービスを購入する時にかかる消費税は、事業の経費にできます。
税込経理の場合の消費税は、購入した金額に含めて事業の経費にします。
年間の売上が1,000万円までの小規模な個人事業主は、消費税の免税事業者なので、税込経理方式での会計処理になります。

また、事業用の固定資産にかかる固定資産税は、個人事業主の事業の経費にできますが、固定資産税の納税額を家事按分して、家事で使用している割合は、事業の経費から除外するようにします。

税理士をお探しの方

無料で使える税理士検索freeeでは、2200以上の事務所の中から「会計ソフトfreee」を使うことのできる「認定アドバイザー」を検索することができ、簡単にお問い合わせできます。

経歴や実績等も確認でき、エリア別、認定アドバイザー、ITや女性等の様々な条件であなたのニーズに沿ったアドバイザーにお問い合わせすることができます。

また、初めて税理士を探す場合は選びきれないこともあるかと思います。そんなときはfreeeのコーディネーターによる「税理士紹介サービス」があるので併せてご利用ください。

税理士の報酬は事務所によって違いますので、「税理士の費用・報酬相場と顧問料まとめ」で、税理士選びの金額の参考にしていただければと思います。

 

経理・記帳に強い税理士を探す

経理代行(個人/小規模法人)にノウハウを持つ税理士を探す

地域から経理代行(個人/小規模法人)に実績がある税理士を探す

より細かいカテゴリから税理士を探す

人気記事

タグ一覧

業種

その他

PageTop