運転資金とは|貸借対照表から分かる資金繰り

公開日:2019年11月19日
最終更新日:2019年11月19日

目次

  1. 運転資金とは
    • 運転資金の算定
    • 運転資金を確保するためには
  2. 資金繰りをさらに把握するための知識
    • 売掛金と資金繰りの関係
    • 買掛金と資金繰りの関係
    • 棚卸資産と資金繰りの関係
  3. 資金調達(金策)の方法を知っておこう
    • 日本政策金融公庫
    • 地方銀行
    • 都市銀行
    • 金融機関と上手に取引するためには
  4. まとめ
    • 税理士をお探しの方

この記事のポイント

  • 運転資金とは、会社が事業を続けていくうえで必要となる資金のこと。
  • 運転資金は貸借対照表の「売掛金+在庫-買掛債務」で計算する。
  • 運転資金を確保するためには「売掛金を早く回収し、買掛金の支払いは遅くすること」が大切。

 

運転資金とは、会社が事業を続けていくうえで必要となる資金のことをいいます。

運転資金に余裕がある場合には資金負担を考慮する必要はありませんが、運転資金が不足する場合には、早めに必要な運転資金を調達することを検討しなければなりません。

▶ 融資・資金調達に強い税理士を探す

運転資金とは

会社が事業を続けていくうえで必要な資金を「運転資金」といいます。
事業継続に必要な資金ということから「必要運転資金(資本)」と言われることもあります。また、当期末の運転資金と前期末の運転資金の増減を「増加運転資金」といいます。一方、流動資産(現金をのぞく)から、流動負債を控除したものを「正味運転資金(資本)」といいます。

運転資金の算定

「仕入をして販売して回収する」というビジネスのなかでは、売掛金、在庫、買掛金の3つの項目をチェックすることは非常に重要となります。

売掛金:
得意先との通常の取引によって生じた営業上の未収代金のこと

買掛金:
仕入代金の未払い分や外注加工費の未払い分のこと

在庫を仕入れるためにはそれだけの資金が必要ですし、それを販売しても売掛金を回収するまでは資金は入ってきません。

そこで、「ビジネスを回していくうえでどのくらいの資金が必要なのか」という運転資金は貸借対照表の「売掛金+在庫-買掛債務」で計算します。

運転資金=売掛金+在庫-買掛債務

そして、運転資金にどれだけの余裕があるかを見るためには、運転資金調達高を見ます。

運転資金調達高=売上債権+棚卸資産-仕入債務

運転資金調達額がマイナスなら、資金繰りが不足している状態で、プラスなら運転資金に余裕があるということになります。

運転資金を確保するためには

運転資金を確保して資金繰りを良くするためには「売掛金を早く回収し、買掛金の支払いは遅くすること」が大切です。
売上の回収が早く仕入の支払が遅ければ、その差が資金となるので、会社の資金繰りを楽にすることができるからです。
つまり、売上がどんなに上がっても、キャッシュが手元にないと、会社は倒産してしまいます。この状態を少しでも解消しようというのが「売掛金を早く回収し、買掛金の支払は遅くすること」なのです。

これは、売上高が急増している場合でも同じことがいえます。
売上高が急増は事業規模の急拡大を意味しますから、必要な在庫の水準も急増しますし売掛金も急増します。
つまり、必要な運転資金の水準もそれにあわせて急激に増加することになります。

この時、運転資金の増加分だけ資金繰りが悪化して、営業利益が出ているのにキャッシュがマイナスになることもあります。売上高がアップしている時にも、運転資金が不足していないかは十分注意するようにしましょう。

▶ 融資・資金調達に強い税理士を探す

資金繰りをさらに把握するための知識

資金繰りをさらに把握するためには、売掛金、買掛金、棚卸資産などが資金繰りにどのような影響を与えるのかについても、知っておく必要があります。

売掛金と資金繰りの関係

売上取引がすべて現金取引であれば、売上高の計上=資金の増加ということになりますが、通常は取引先ごとに月次で請求に関する締め日を設定し、一定日にまとめて代金を入金してもらうケースが多いでしょう。
この売上代金の回収に関する取引先との取り決めを「回収条件」といい、回収条件が早ければ資金繰りが楽になりますし、回収条件が遅ければ資金繰りは苦しくなります。

たとえば、売上高が100万円計上されたケースで見てみましょう。

①期末に売掛金がある場合
期末に売掛金残高がある場合には、期中の売上計上額の一部が回収されていない状況であるため、その分売上と比較して回収される資金が減少します。

②期首に売掛金があり、期末の売掛金が増加している場合
売上高100万円に対して、現金回収が90万円です。これは、期首と期末の売掛金残高の差額分、資金の回収が減ったということになります。

買掛金と資金繰りの関係

支払をすべて現金で行っていれば、仕入高=資金の減少になりますが、通常は棚卸資産の検収後に資産計上され、同時に買掛金が計上されます。そして一定期間が経過した後に支払いがされます。
このため、資金の支払が仕入債務の計上時期から一時的に遅れることになります。
したがって、売掛金とは逆に仕入れ代金の支払い期限が遅いほど、資金繰りは楽になり、支払期限が早まると資金繰りが苦しくなります。
このように仕入先にどのように支払いを行うのかという取り決めを「支払条件」といい、支払条件が遅ければ遅いほど資金繰りは楽になります。
したがって、資金繰りを楽にするためには、支払条件について十分検討する必要があります。

たとえば、仕入金額が100万円計上されたケースで見てみましょう。

①期末に買掛金がある場合
期末に買掛金残高がある場合には、期中の仕入計上額の一部が未払いの状況です。
したがって、仕入金額と比較して支払う金額が減少しています。

②期首に買掛金があり、期末に買掛金が増加している場合
仕入高が100万円であるのに対して、現金支出は90万円となっています。
つまり、期首と期末の買掛金残高の差額分だけ支払いが減少したことになります。

棚卸資産と資金繰りの関係

棚卸資産が増加すると、資金繰りを悪化させることになります。
棚卸資産を購入する時には、資金を投下しますが、その棚卸資産が販売され、売上高に対応する売上原価として計上されるまでは、投下資金が固定化されるためです(棚卸資産が販売されるまで、売上原価は計上できません)。
棚卸資産が増加すれば、資金が減少することになりますし、貸借対照表の「総資産の増加」によって経営指標が悪化します。
また、保管スペースや棚卸にともなう人件費負担の増加も懸念されます。
したがって、過剰在庫はできるだけ少なくすることが大切です。

▶ 融資・資金調達に強い税理士を探す

資金調達(金策)の方法を知っておこう

運転資金が不足して資金繰りが悪化した時には、「気づいたら手元にキャッシュがなくて黒字倒産」という事態を避けるためにも、可能な限り迅速にその傾向を把握して資金調達を行う必要があります。資金調達の方法はさまざまですが、ここでは金融機関からの借入についてご紹介します。

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫とは、100%政府が出資している金融機関です。
起業したばかりの企業やシニア起業家にも、無担保・無保証人での貸付が可能な場合もあります。
決算書の内容だけでなく、経営者のビジョンや熱意といったものも判断材料とするので、民間の金融機関では融資が難しい場合でも、融資が可能となることがあります。

日本政策金融公庫から融資を受けるための手続きについては、以下の記事でくわしくご紹介しています。あわせてご覧ください。

「日本政策金融公庫から融資を受けるための手続きと必要書類」を読む

地方銀行

地方銀行とは、全国展開はしていないものの、商圏内の中小企業との取引も積極的に行っています。地方銀行から融資を受けるためには、まず信用金庫や信用組合で融資を受けて、実績を重ねたうえで事業規模拡大に合わせて地方銀行から融資を受けられるように進めていくとよいでしょう。
地方銀行は、会社の決算書の内容を重視するので、融資を受ける際には財務格付けを意識して決算書を作成してもらうよう、税理士に相談することをおすすめします。

都市銀行

都市銀行とは、みずほ銀行、りそな銀行などの大手銀行をいいます。
中小企業の場合、よほど「継続して利益が出ている」という特殊なケースでもない限り、融資を受けることは難しくなります。
また、都市銀行から融資を受ける際には、決算内容が非常に重視されますので、地方銀行以上に財務格付けを意識した決算書を作成することが大切です。

金融機関と上手に取引するためには

金融機関の融資審査では、決算書の内容が非常に重要です。
毎月の試算表は税理士に作成してもらい、金融機関から求められたらいつでも提出できるよう準備しておきましょう。また、金融機関から説明を求められた時にどのように回答すればよいのかについても、税理士からアドバイスを受けておきましょう。

「読む

金融機関から融資を受ける時の税理士の活用方法」を

▶ 融資・資金調達に強い税理士を探す

まとめ

以上、運転資金の意味や計算方法、運転資金を確保するための対策などについてご紹介しました。
会社を続けていくのに必要な運転資金は、貸借対照表から計算することができます。会社が先払いの状態になっていると資金が不足し、回収は早く支払いは遅くを実行すれば、資金繰りは楽になります。
運転資金を確保し資金繰りを良くするための具体的な方法は、業種や個々の状況によって異なりますが、早めに税理士に相談して、運転資金の計算方法などについてアドバイスを求めましょう。

税理士をお探しの方

税理士検索freeeでは2,000以上の事務所の中から融資・資金調達に強い税理士・会計士の認定アドバイザーを検索することができます。
また、コーディネーターによる「税理士紹介サービス」もあるので併せてご利用ください。

税理士の報酬は事務所によって違いますので、「税理士の費用・報酬相場と顧問料まとめ」で、税理士選びの金額の参考にしていただければと思います。
融資・資金調達に強い税理士を探す

借入(金融機関)にノウハウを持つ税理士を探す

地域から借入(金融機関)に実績がある税理士を探す

より細かいカテゴリから税理士を探す

人気記事

タグ一覧

業種

その他

PageTop