個人確定申告

個人確定申告について知る

確定申告とは

確定申告とは、1年間で得た所得に対する税額を計算して、税務署に申告・納付する手続きのことをいいます。
税金を納めすぎていた場合には、確定申告をすることによって、納め過ぎていた税金の還付を受けることができます。

そして、確定申告を行う場合に、税額の計算過程などを記載する書類のことを「確定申告書」といいます。
確定申告書には、申告書Aと申告書Bがあり、自分でどちらの申告書を使うか選ぶ必要があります。
また、確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、青色申告の方が「65万円の特別控除を受けることができる」「家族への給与を全額必要経費にできる」など、多くのメリットがあります。

確定申告と年末調整の違い

年末調整と確定申告は、どちらも「その年の所得を計算して所得税を納める」目的で行われる手続きですが、確定申告は、納税者自身が1年間の所得を計算して税務署へ税額を自己申告し、税金を納める手続きです。

一方年末調整は、会社が従業員に代わって、勤務1年間(その年の1月から12月)に支払われた給与から差し引かれた所得税を精算する手続きです。
つまり、サラリーマンは所得税を納めるための手続きはすべて会社が行ってくれていることになります。年末調整は、企業による従業員の「確定申告の代行」といえるでしょう。

税理士選びを個人確定申告から学ぶ

個人の確定申告を税理士に依頼するメリット

自営業者や個人事業主などは、所得税を納めるために必要な手続きをすべて自分で行う必要がありますので、確定申告は必須となります。
「本業が忙しく、経理・記帳業務の時間がとれない」「節税対策をきちんと行いたい」という方の場合は、経理・記帳業務をまるごとアウトソーシングしたり、確定申告業務だけ税理士に依頼したりすることで、確定申告をスムーズに行うことができます。

また、会社員でも年収が2,000万を超える場合や、副業の所得が20万円を超える場合など一定の場合には、確定申告が必要な場合もありますし、年間の医療費が10万円を超えた人やローンを組んでマイホームを購入した人は、確定申告をすることで、税金が戻ってくる可能性があります。
確定申告をすることで得をする人は意外と多いのですが、それを知らずに確定申告をしなければ恩恵を受けることができません。

税理士に依頼するのは費用がかかりますので、まずは「税理士に依頼する方がいいケースは、どのようなケースか」「自分は、確定申告すべきなのか」「申告することによって、税金が戻ってくる可能性があるのか」などについて、自身でよく検討することをおすすめします。

税理士による個人確定申告のサポート

確定申告は、会計ソフトを使えば比較的簡単に行うことができますが、「間違っていないか不安がある」「毎年、自分でやっているが、専門家にみてもらいたい」という人は、税理士に相談してアドバイスを受けることをおすすめします。

税理士に相談すれば、申告書の作成から税務署への提出までサポートしてくれます。また、月次で面談し監査を受ければ、自分では気付かなかった節税ポイント等についても、プロの視点からアドバイスしてもらうことができます。

個人確定申告に強い税理士を探す

個人の確定申告については、確定申告の申告業務だけ税理士に依頼することもできますし、月次で面談・監査を受けるサポートを依頼することもできます。
下記のようなニーズに合わせて、依頼内容を検討しましょう。

○確定申告のみ対応
「領収書やレシートをそのまま丸投げしてまとめて申告までお願いしたい。」という場合には、領収書や必要な書類を税理士に渡すだけで、記帳代行や経理代行、申告書の作成まで行ってもらうことができます。
また、記帳業務は自分で行っている場合でも、「配偶者控除」「生命保険料控除」「地震保険控除」「医療費控除」などの申請が漏れてしまうと、払わなくてもいい税金を支払ってしまうこともありますので、税理士に確認すると安心です。

○月次で面談・監査
「経理業務を効率化したい」「会計的、税務的に問題がないか確認したい」「節税対策を行って、税負担を軽くしたい」という場合には、月次で面談・監査を受けるのがおすすめです。
月次で面談・監査を受ければ、財務状況の正確な把握を通じて経営課題を解決することもできます。

個人確定申告に強い税理士に相談する

個人確定申告に強い

税理士数1992

より細かいカテゴリから税理士を探す

地域から個人確定申告に実績がある税理士を探す

税理士の無料紹介サービス

24項目の質問に答えるだけで、経験豊富なコーディネーターがあなたに合った税理士を紹介いたします。

個人確定申告についてもっと知る

個人確定申告の豆知識

PageTop