節税対策

節税対策について知る

節税対策とは

「節税」とは、「正当な手段で税金を少なく抑えること」ですが、その方法はさまざまです。
修繕や修理を実施する節税方法もありますし、生命保険を活用する方法もあります。
また、中小企業退職金共済制度や経営セーフティ共済制度に加入するのも、節税対策の方法のひとつです。
状況に応じて、不要資産の売却や不良在庫の処分などが、節税につながることもあります。
正しく節税するためには、税法の正しい知識が必要なのです。

「脱税」との違い

「脱税」とは正当ではない手段で税を逃れることであり、犯罪行為です。
誰でも、「税金を少なくできれば、それに越したことはない」というのが本音だとは思いますが、節税を通り越して脱税とならないよう、十分注意することが必要です。

税理士選びを節税対策から学ぶ

「節税対策」を税理士に依頼するメリット

節税対策には、会社や経営陣を守るための対策があります。
具体的には、「保険の加入」「中小企業倒産防止共済の加入」などがあります。
また、会社を発展させるために必要経費を使い、それを節税対策として生かす方法もあります。
業績が悪くなった時に備えて対策を行い、その対策を同時に節税としても生かそうとしたり、必要経費を計上することでその分の税負担を軽くしたりする方法は、まさに「経営の王道」といえるでしょう。
しかし、これらの節税対策は、税法の正しい知識がないと行うことはできません。
日頃から税理士にこまめに相談すれば、節税感覚を身につけることができるので、より多くの税金上のメリットを受けることが可能になります。

税理士による「節税対策」サポート

「節税対策」とひと口にいっても、その方法はさまざまです。
節税を意識しすぎて経費を使い過ぎてしまえば、いつまで経ってもお金を貯めることができません。100万円の利益は、100万円の経費を使えば税金をゼロにできますが、利益もゼロになってしまいます。
このように、「税金を払うのが嫌だから」と会社の現金残高を減らしてしまうのは、正しい節税方法とはいえません。

また、来期の経営計画次第で、資金調達が必要になるのであれば、融資を受けやすいようにあえて節税対策を行わずに、黒字化対策を行うべきケースもあります。

税理士による「節税対策サポート」を受けることで、「節税」という視点だけに捉われず、来期以降の経営状況を見ながら、正しい節税を行うことが可能になります。

節税対策に強い税理士を探す

税法の知識を使って上手に工夫をすれば、実際にかなり税負担を抑えることができます。
個人でも法人でも、所得控除や税額控除など、効果的な節税制度を知らずに、税金を多く納めることになってしまったケースは多々ありますが、税務署が親切に「もっと節税することができますよ」と教えてくれることはありません。
節税の制度を活用するかは、あくまでも申告をする側の判断である、というのが税務署のスタンスだからです。
ですから、正しく節税するためには、何よりも「税法の正しい知識」が必要になります。

◯個人の節税対策
日本の税制にはさまざまな優遇措置が設けられており、これらを上手に活用すれば、個人事業主でも、かなり支払う税金を少なくすることができます。
しかし、所得税や消費税の特例は、活用しなければ適用を受けることができず、メリットも享受することができません。
税理士に相談すれば、最新の税制情報や効果的な節税対策について、アドバイスを受けることができます。

◯法人の節税対策
法人の節税対策は、「固定資産の除却」「不良債権の貸倒損失計上」「減資の検討」「不要資産の売却」など、実にさまざまな方法があります。
そして、最適な節税対策は、個々の会社の状況によって大きく変わります。
無理に節税対策を行って、キャッシュ・フローを悪化させてしまえば、経営そのものに影響を与えてしまうこともあります。
税理士に相談すれば、最新の税制情報や効果的な節税対策についてはもちろん、経営改善や発展に役立つ提案まで受けることができます。

節税対策に強い税理士に相談する

節税対策に強い

税理士数584

より細かいカテゴリから税理士を探す

地域から節税対策に実績がある税理士を探す

税理士の無料紹介サービス

24項目の質問に答えるだけで、経験豊富なコーディネーターがあなたに合った税理士を紹介いたします。

節税対策についてもっと知る

節税対策の豆知識

PageTop