給与計算・年末調整・人事労務

給与計算・年末調整・人事労務について知る

給与計算

給与とは、役員報酬や賃金のことをいいます。
給与は、そこで働く人の生活を支える重要な労働条件のひとつですから、給与計算業務は間違いは許されません。
毎月の給与からは、社会保険料や所得税・住民税といったさまざまなものが控除され、手取りは総支給額の8割程度となります。

したがって給与計算業務においては、社会保険や税法の知識が不可欠ということになります。
-----
健康保険料:健康保険法
介護保険料:介護保険法
厚生年金保険料:厚生年金保険法
雇用保険料:労働保険料の徴収等に関する法律
所得税:所得税法
住民税:住民税法
-----

上記のなかでも、とくに社会保険制度や所得税・住民税においては、頻繁に改正等が行われており、給与計算は年々複雑になっています。
したがって、給与計算業務の担当者は、これらの法律の基礎知識や改正情報を正確に把握し実務処理を行わなければなりません。

年末調整

年末調整とは、勤務先が社員の1年間の所得税を清算する手続きのことをいいます。

毎月の給与計算や賞与計算の過程では、源泉徴収税額表によって所得税を計算し納付しますが、所得税は1月1日から12月31日までの1年間の所得を基準に課せられる税金ですから、本来であれば12月に支給される給与や賞与の支払いが終わって初めて、「年間の正確な税金の額」が確定します。

そこで、給料や賞与から徴収した所得税額との過不足を調整するために、その年の最終給与または賞与の支払い後に、これまで「見込み」で納付していた所得税と実際の税額の清算手続きを行います。
年末調整では、1年間に支払った給与と従業員が届け出た生命保険料や、控除対象扶養親族の異動などの情報に基づいて、1年分の所得税の額を計算します。

サラリーマンは、原則として確定申告をする必要がありませんが、それはこのように会社が給与計算、年末調整などで、税金の計算と納付を行っているからです。

人事労務手続き(入退社/保険など)

会社を設立すると、「労働保険(労災保険・雇用保険)」「社会保険(健康保険・厚生年金保険)」などの新規加入手続きが必要となります。
また、従業員が入退社した際にも社会保険の手続きなど、さまざまな手続きが必要となります。

従業員が入社したときには、社会保険(健康保険・厚生年金保険)や雇用保険の加入手続きが必要です。
必要となる手続きは、「従業員が独身なのか家族がいるのか」「正社員なのかアルバイトなのか」などの事情によって変わってきます。そのため、社会保険や雇用保険の加入手続きを進めるうえでは、まず従業員が加入基準を満たしているかを確認し、それに基づいて書類を準備しなければなりません。

また、従業員が退社するときには、入社時とは反対に社会保険の資格喪失手続きが必要となります。
健康保険と厚生年金の資格喪失手続きでは、従業員の健康保険被保険者証を年金事務所に返却しなければなりませんし、雇用保険の資格喪失の際に離職票を発行するためには、従業員のタイムカードや退職願などを準備する必要もあります。

これらの手続きを行うためには、前提として「労働保険(労災保険・雇用保険)」「社会保険(健康保険・厚生年金保険)」などの内容や手続き、窓口を理解しておく必要があります。

税理士・社労士選びを給与計算・年末調整・人事労務から学ぶ

税理士・社労士に依頼するメリット

給与計算・年末調整・人事労務の手続きは多岐に渡り、煩雑な手続きが必要です。社会保険、労働保険などの知識はもちろん、所得税や住民税などの税金の知識も必要となります。
また、社会保険制度や所得税・住民税においては、頻繁に改正等が行われており、給与計算は年々複雑になっています。給与担当者一人ですべてを把握するのは、困難といえるでしょう。

「freee人事労務」を活用すれば、給与計算のミスや従業員からの申告に関する問い合わせが減るなど担当者の負担を削減できるメリットがたくさんあります。
ただし、「freee人事労務」を利用する際でも、紙で申告する内容がベースとなっているものも多くあります。

給与計算や年末調整、各種手続きを効率的に行い、的確・迅速な書類作成・申請業務を実現するためには、税理士や社会保険労務士の指導を受けたり、業務をまるごとアウトソーシングしたりすることが有効です。

これは、コンプライアンス対策、労働紛争未然防止という面からみても有効といえるでしょう。

税理士・社労士によるサポート

労務、経理は、会社の土台を支える重要な業務です。
会社の要ともいえる「ヒト」「モノ」「カネ」といった貴重な経営資源を効率的に活用するためには、労務、経理の役割は非常に重要であり、会社の運営に欠かせないものです。

労務においては、法制度改定や時代の変化に対応した就業規則の整備や働き方のルールの整備はもちろん、採用、入社・退職の手続きが必要となり、経理においては、日々の会社のお金の流れや出入りの記録・管理、取引先とのお金のやりとり、それに伴う証票の発行・管理が必要です。

税理士、社会保険労務士のサポートを受けることで、事務処理を行うにあたって、スムーズに処理することができるしくみ、体制を構築・整備することが可能となります。

freee税理士検索で探せます

freee税理士検索では2,800以上の事務所の中から給与計算・年末調整・人事労務のサポートを行う税理士や社会保険労務士を検索することができます。
また、コーディネーターによる「税理士紹介サービス」もあるのであわせてご利用ください。

給与計算・年末調整・人事労務について相談できる税理士・社労士をさがす

給与計算・年末調整・人事労務に強い税理士・社労士を探す

労働環境の変化に伴い、労働法は頻繁に改正が行われています。
最新の法改正にも迅速に対応し、適切な人事労務管理を実現するサポート体制を構築するためには、給与計算・年末調整・人事労務は、専門家に相談することをおすすめします。

年末調整作成
その年の最後に支払われる給与または賞与で、年間総所得に対する税額と控除額の調整を行う作業を年末調整といいます。
具体的には、扶養控除等(異動)申告書、保険料控除申告書、配偶者特別控除申告書、源泉徴収簿、住宅借入金等特別控除申告書などの書類を準備して従業員に配布し、必要事項を記入してもらって回収します。
そして、1年間に支払った毎月の給与と賞与を合算して総支給額を計算し、課税所得金額から所得税を計算し、還付と徴収で調整します。

法定調書作成
昨年1年間に支払った給与、報酬などを報告する書類を法定調書といいます。
法定調書には、支払先ごとの源泉徴収票と支払調書、これらを1枚にまとめた「法定調書合計表」があり、1月には市町村に給与支払報告書を提出し、税務署に「法定調書合計表」を提出します。

給与計算代行
毎月の給与計算や年末調整事務については、税理士や社会保険労務士などの専門家にアウトソーシングすることが可能です。
併せて、労災保険、雇用保険、健康保険、厚生年金等に関する各種届出書類の作成、提出業務、従業員様の入退社・産休等に伴う煩雑な事務手続も依頼することができます。

給与計算指導
給与計算は、原則として毎月作業します。
作業は大きく分けて①勤怠項目の確認②支給項目の計算③控除項目の計算の3つに分かれます。具体的には、出勤日数や勤務時間、残業時間などの労働時間を確認し、基本給や諸手当、時間外労働を計算しし、社会保険料や税額を計算し、支給額から控除します。

専門家のサポートを受け、「人事労務freee」を導入すれば、これらの業務を効率よく行うことができます。
給与明細や源泉徴収票、年末調整の書類の作成だけでなく、入社退社の手続きから、勤怠管理・給与計算機能まで、人事労務のすべての手続きを行うことができます。
クラウドなのでダウンロードする必要はなく、オンライン上で今すぐ簡単に税金や保険料の計算も可能です。また、給与明細を作成税制や保険料率の改定があっても、クラウド上で自動更新されますから、買い替える必要もなく都度アップデートする必要もありません。

なお、従業員のマイナンバーの収集から保管、利用、破棄は、「マイナンバー管理」で管理することができます。
国際的プライバシー認証のTRUSTeを取得しているので、金融機関と同レベルの通信・暗号化で安心のセキュリティ体制で管理することができます。

人事労務手続き代行(入退社/保険など)
従業員が入社・退職した時には、給与の日割り計算などの作業のほか、税務署や年金事務所、ハローワークで手続きを行う必要があります。
これらの手続きをしていないと、会社や事業主がペナルティを受ける可能性がありますので注意が必要です。

下記から探すことができるので、検索してお問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

給与計算・年末調整・人事労務に強い税理士・社労士に相談する

給与計算・年末調整・人事労務に強い

税理士・社労士数2354

地域から給与計算・年末調整・人事労務に実績がある税理士・社労士を探す

税理士・社労士の無料紹介サービス

24項目の質問に答えるだけで、経験豊富なコーディネーターがあなたに合った税理士・社労士を紹介いたします。

給与計算・年末調整・人事労務についてもっと知る

給与計算・年末調整・人事労務の豆知識

このエントリーをはてなブックマークに追加
PageTop