経営コンサル

経営コンサルについて知る

経営コンサルタントとは

経営コンサルタントとは、会社の会計や税務・財務、営業、人事などの問題点を探し出して原因を分析し、専門的にアドバイスを行う業務を行う人のことをいいます。

税務や日常の経理・会計業務の際にサポートしてくれる税理士、ファイナンススキルを有し、財務分析等のサポートを行う公認会計士、企業が契約書を締結する際にチェックする弁護士、特許戦略を立てる際に相談できる弁理士、その他さまざまな士業のコンサルタントは、必要に応じて求めていくことが重要です。

経営を支えるさまざまな専門家

会社を経営していくうえでは、さまざまなデータから、会社の体力、経営力を分析することが必要です。法人登記をすれば会社は簡単に作ることができますが、その後も維持し発展させていくのは、並大抵のことではありません。
起業しても、10年後には約3割の企業が、20年後には約5割の企業が廃業を余儀なくされているというデータもあります。起業後の淘汰は大変厳しいものがあるのです。
会社を発展させていくためには、経営の判断が求められるさまざまなシーンで、必要に応じて専門家にアドバイスを求めることが大切です。

○中小企業白書 2011「経済成長を実現する中小企業」


経営に必要な専門家はさまざまですが、主な士業としては以下のとおりです。

○日々の会計、税務、経営についての相談など-税理士
○人事評価制度、給与計算、コンプライアンス遵守の内部体制構築など-社会保険労務士
○会社設立手続き、登記手続きなど-司法書士
○法律上のトラブル、行政に関わるトラブルなど-弁護士

税理士選びを経営コンサルから学ぶ

「経営コンサル」を税理士に依頼するメリット

税理士は、税務・会計・経営に関する専門家です。
そして、個人事業主や中小企業が相談できる、もっとも身近な専門家ともいえるでしょう。

税理士のことを「決算や確定申告の前に相談する専門家」「税金のアドバイスをしてくれる専門家」と考えている人がいますが、税理士には、資金調達が必要になった際や、株式公開、事業承継の検討が必要になった際などにも相談することができます。まさに頼もしい経営パートナーといえます。

税理士による「経営コンサル」サポート

経営者が会社を運営していくのに必要なもののひとつに、会計の知識とノウハウがあります。どんなに突出したアイディアや技術があっても、キャッシュ・フローが悪化すれば、会社は倒産してしまうこともあるのです。
立ち上げた会社の経営実態を把握し、使えるキャッシュを常に把握している状態を作ることは、黒字倒産を防ぎ経営を安定させるためにも不可欠です。

税理士や会計士に、税や会計に関するコンサルティングを受け、さまざまなマネジメントサービスの提供を受けることで、安定した経営をサポートしてもらうことができます。


◯事業再生
例えば、過去の投資等によって資金繰りが悪化している場合には、遊休資産を処分して債務を圧縮したり、原価管理を徹底して経費を削減したりすることで、資金繰りを安定できるケースがあります。
まずは、財務上の課題を解決することで、確実な事業再生を目指すことができます。

>事業再生(☆☆決定次第リンク)


◯株式上場(IPO)支援
株式上場(IPO)の際に必要となる、会計上・財務上の体制整備を依頼することができます。

>株式上場(IPO)支援(☆☆決定次第リンク)


◯経営計画策定
税理士に作成された経営計画によって、収益性を明確にすることができますし、新たなコスト削減余地を見つけることができます。さらに、売掛金・買掛金の発生のズレを明確にして、的確に損益を把握できる体制を構築すれば、慢性的な資金繰り悪化を解消することができて、経営戦略、営業戦略を見直すことにつながります。

>経営計画策定(☆☆決定次第リンク)


○資金調達のサポート
設備資金・運転資金の調達についても、税理士からアドバイスを受けることができます。銀行から融資を受ける際には、説得力のある事業計画書だけでなく、効果的にプレゼンテーションを行うスキルも必要になります。融資を受ける際には早めに税理士に相談し、しっかりと対策を練ることが大切です。

>融資・資金調達(☆☆決定次第リンク)


○決算処理・確定申告業務
税理士に依頼すれば、確定申告の際に最も有利な税務処理方法を選択し、適確な税務申告書を作成することができます。
併せて、年末調整、法定調書の作成・提出、償却資産税申告書の作成・申告等についても、トータルでサポートを受けることができます。
節税対策や納税資金対策はもちろん、決算予測や納税額の試算、利益確保のための戦略的な決算対策のためのアドバイスをもらえば、企業の自己資本率を効果的に高めていくことができます。

>個人確定申告(☆☆決定次第リンク)
>法人決算(☆☆決定次第リンク)


○税務調査対策
何年かに一度の税務調査に対して、経営者のパートナーとして対応してもらうことができます。
税務調査の連絡が来た際でも、税理士に相談すれば、必要な準備を整え、資料等についてきちんと説明できるよう準備することができます。
なお、税理士が、作成した申告書について必要なことを具体的に記載してある書面が添付されている場合には(書面添付制度)、税理士が意見を述べる機会を与えられますが、この意見聴取によっては、結果的に調査の短縮や省略になる可能性もあります。

>税務調査(☆☆決定次第リンク)

経営コンサルに強い税理士を探す

◯事業再生
事業を立て直すポイントは、明確で実現可能な「目標」を持ち、それを「経営計画書」という形にして実行することが大切です。
会計の知識とノウハウを持つ税理士に相談することで、的確な経営計画書を作成することが可能となります。単に数字の増減の事象だけでなく、「何が理由なのか」「どうして減ったのか」「増やすためには何をすればいいのか」という理由を明確にしていくことで、事業再生を可能にすることができます。


◯株式上場(IPO)支援
株式上場(IPO)を行う際には、監査証明の際に関わる公認会計士とは別に、会計上・財務上のアドバイザーとなってくれる税理士によるコンサルティングが必要な場合があります。
株式上場(IPO)の際には、税金の申告漏れや法に抵触するような会計操作は、間違いなく致命傷になります。
税理士に相談して、これらのチェック体制を構築しておきましょう。


◯経営計画策定
税理士が作成した各種経営計画書には、その他の計画書に比べ高い信頼性があるとさまざまな方面から認識されます。なお、経営革新等支援機関である税理士に相談することが、補助金や助成金の受給要件となっていることもあるため、税理士に相談することで、補助金、助成金を利用したり、金融機関に金利を優遇したりしてもらえるというメリットもあります。

経営コンサルに強い税理士に相談する

経営コンサルに強い

税理士数297

より細かいカテゴリから税理士を探す

地域から経営コンサルに実績がある税理士を探す

税理士の無料紹介サービス

24項目の質問に答えるだけで、経験豊富なコーディネーターがあなたに合った税理士を紹介いたします。

経営コンサルについてもっと知る

経営コンサルの豆知識

PageTop