人事コンサル(評価制度策定など)

人事コンサル(評価制度策定など)について知る

人事評価制度とは

人事評価制度とは、会社が従業員の仕事ぶりや成果を評価するための仕組みのことです。
的確な人事評価制度を構築する目的は、従業員の成果を昇給、賞与などに反映させることで、生産性をアップさせ公正な処遇を実現することにあります。
また、評価結果を従業員にフィードバックすれば、従業員の能力開発という効果も期待できます。
さらに、人事評価制度を作成し従業員の能力や成果を正確に把握することで、配置や移動の参考情報として活用することもできるようになります。

人事評価制度の種類

人事評価制度を評価対象で分類すると、「能力評価」「情意評価」「成果評価」などに分類することができます。

○能力評価
判断力や統率力といった、仕事をする過程で発揮していた能力を評価の対象とします。
数字では表しづらい側面があり、定性的な評価となりやすいため、曖昧な評価となるリスクがあります。


○情意評価
法令順守(コンプライアンス)など、仕事の取り組み姿勢や勤務態度を評価の対象とします。
情意評価も能力評価と同様、曖昧な評価となりやすいというリスクがあります。


○成果評価
売上目標の達成度や生産個数など、実績を評価の対象とします。
企業に勤める者の年齢や勤続年数、学歴などが評価の対象ではなく、仕事で成果を上げることが評価の対象になるので、若い世代にとっては労働意欲を向上させる評価制度といえます。

税理士・社労士選びを人事コンサル(評価制度策定など)から学ぶ

人事コンサル(評価制度策定など)について、社労士に依頼するメリット

人事評価は、事実に基づき、公正に行うことが最重要ポイントです。
しかし、人間が人間を評価する以上、主観が入ってしまう可能性も否定できず、不適切な評価になってしまうケースもあります。また、評価制度は、自社の実態に即して運用しないと、思わぬトラブルに発展することもあります。

そこで、人事評価制度を設計する際には、評価制度策定に精通している社会保険労務士らと共に業務内容を分析し、その業務を遂行するために必要とされる能力(職務能力用件書)や知識を洗い出し、評価制度を設計することが大切です。
なお、評価制度を設計する際には、併せて随時評価者セミナーなどを行うと、不適切な評価を防ぐことができます。社会保険労務士には、このようなセミナーの活用方法についてもサポートしてもらうことができます。

社労士による人事コンサル(評価制度策定など)サポート

社労士による人事コンサル(評価制度策定など)では、人材確保、人材育成、働き方や報酬のマネジメントなど、個別の企業の状況に合わせて最適な労働環境づくりを提案してもらいながら、人材育成につながる支援を受けることができます。
具体的には、服務規程の見直しや、従業員としての目標意識向上のための施策についてのコンサルティング、働き方や処遇に関するルールの決定や運用支援などのサービスを受けることができます。

人事コンサル(評価制度策定など)に強い税理士・社労士を探す

人材は、製品やサービスを生産する労働力ではありますが、同時に事業を行うためのコストでもあります。
ですから、少ないコストでより多くの生産量・販売量を生み出すために人材の働き方や報酬を管理することは、大変重要です。
評価制度策定に精通している社会保険労務士に相談することで、労務トラブルを未然に防止する評価制度・賃金制度などを構築できる可能性がたかまりますし、これらの制度によって従業員の意欲向上や能力向上が実現すれば、結果として経営を改善・向上させることにつながります。

人事コンサル(評価制度策定など)に強い税理士・社労士に相談する

人事コンサル(評価制度策定など)に強い

税理士・社労士数58

地域から人事コンサル(評価制度策定など)に実績がある税理士・社労士を探す

税理士・社労士の無料紹介サービス

24項目の質問に答えるだけで、経験豊富なコーディネーターがあなたに合った税理士・社労士を紹介いたします。

PageTop