シンジケートローンとは|コミットラインとの違いは

公開日:2019年12月18日
最終更新日:2020年02月17日

目次

  1. シンジケートローン
    • シンジケートローンの種類
    • シンジケートローンのメリット
    • シンジケートローンのデメリット
  2. シンジケートローンとコミットメントラインの違い
    • コミットメントラインと専用当座貸越との違い
  3. 一般的な融資
    • 銀行
    • 日本政策金融公庫
    • 制度融資
  4. 新しい資金調達方法
  5. まとめ
    • 税理士をお探しの方

中小企業や個人事業主の方にとって最も身近な資金調達手段は銀行借入(融資)ですが、昨今では様々な調達手段が増加しています。シンジケートローンや私募債、メザニンなどです。創業したばかりの方にとって難易度の高い調達方法もありますが、利用しやすいあるいは利用可能性の高いものもあります。

▶ 融資・資金調達に強い税理士を探す

シンジケートローン

シンジケートローンとは、複数の金融機関が1つのシンジケート団を組成して大規模な資金調達を行う際の手段です。

たとえば、銀行側の判断として10億円の貸出を1つの銀行だけで対応することは難しいものですが、5つの銀行で2億円ずつであれば融資できそう、といった場合があります。
このような場合、企業側としては、5つの銀行にそれぞれ条件面の交渉などをしなければならず大変な思いをすることになります。そこで、銀行が集まってシンジケート団を組成し、企業とシンジケート団で交渉することで一度に10億円分の融資交渉を行ないます。

シンジケート団(複数行)のうち、1つの銀行が団を代表することになりますが、通常は主要な取引金融機関が代表となります。この銀行のことを主幹事行(アレンジャー)と呼びます。

そしてエージェントと呼ばれる金融機関が、借入会社と各貸付金融機関との間の資金決済業務などの取りまとめを行います。
通常は、エージェントはアレンジャーを務める金融機関が兼務します。

シンジケートローンの種類

シンジケートローンには、大きく以下の2つの種類があります。

①タームローン方式のシンジケートローン
一般的な機関借入形態です。通常は契約時に一括して融資が実行されますが、分割して融資が行われることもあります。

②コミットメントライン方式のシンジケートローン
金融機関と借入会社があらかじめ契約した一定期間・限度内で借入会社の請求に応じて融資が行われます。

シンジケートローンのメリット

銀行側のメリットとしては、まずリスク分散があります。
前述したとおり、1行では抱えきれないリスクのある金額を複数行で対応することでリスク分散を行うことができるということです。
加えて、アレンジャーになる銀行はアレンジメントフィー(手数料)を企業から得ることになります。金利収入だけでなく、手数料収入も得ることができるのです。

企業側のメリットとしては、アレンジャーとの交渉のみで複数の金融機関から多額の融資を受けられる点を挙げることができます。つまり、アレンジャーとの交渉だけで済み、複数行とその都度同じような交渉をせずにすみますので、事務負担軽減につながるという点も大きなメリットのひとつといえるでしょう。
また、1行だけでは対応できませんと言われてしまうような大規模な資金調達を一度に行うことができます。

シンジケートローンのデメリット

シンジケートローンでは、利息の他にアレンジャーやエージェントに対して手数料を支払う必要があります。つまり、コストが増大することになりますので、これがシンジケートローンのデメリットということになります。

▶ 融資・資金調達に強い税理士を探す

シンジケートローンとコミットメントラインの違い

シンジケートローンと同じくデットファイナンスの分類される借入れ方法として、コミットメントラインがあります。
コミットメントラインとは、会社の請求に基づいて、金融機関が融資の実行を確約(コミット)した融資枠のことをいいます。
銀行に一定期間、一定金額の融資枠を設定してもらい、その期間内、金額内であれば自由に融資をうけることができるという調達方法です。

※アレンジャー(幹事金融機関)を中心に、複数の金融機関と一つの契約書に基づき、同一条件でコミットメントライン契約を締結する方法もあります。

企業側にとってかなり都合の良い商品に見えますが、期間内に融資を受けない場合でもコミットメントフィーという手数料が発生する仕組みとなっています。当然期間内に借入を行えば企業側はその分の金利も支払わなければなりません。また、企業側はコミットメントラインを設定している期間中に一定の財務状態を維持する必要があり、もし維持できない場合、コミットメントラインは無くなってしまいます。この条件は最初の契約時に設定されます。

コミットメントラインと専用当座貸越との違い

コミットメントラインに似た商品で専用当座貸越という商品があります。この商品も一定期間、一定金額の融資枠を設定してもらい、その範囲内であれば自由に融資を受けることができる商品です。コミットメントラインと専用当座貸越の違いは専用当座貸越にはコミットメントフィーがないという点です。このため、当座貸越契約の場合は期間内に借入を起こさなければ企業側は手数料を支払わなくても良いことになっています。
コミットメントラインも専用当座貸越も企業にとって非常に利用しやすい商品ですが、その分、一般的な融資以上に審査のハードルが高いのが現状です。利用できる中小企業はかなり財務状態が良いと言って良いでしょう。

▶ 融資・資金調達に強い税理士を探す

一般的な融資

一般的な融資には、大きく分けて、銀行からの融資、日本政策金融公庫からの融資、地方公共団体が推奨する制度融資の3種類があります。

銀行

民間の商業銀行が行う中小企業向け融資は最もイメージしやすい調達方法のひとつです。民間の商業銀行にも地方銀行から都市銀行(いわゆるメガバンク)など様々ありますが、一般的に創業したばかりの企業にとってはハードルが高いのが実情です。銀行は過去の実績である決算書と今後の計画等に基づいて融資判断を行なっています。創業したばかりの企業は過去の実績がない状態ですので、銀行は実績より不確実性の高い計画書に基づいて融資判断を行わなければなりません。その結果、創業したばかりの企業への融資は慎重にならざるを得ないというのが実態です。

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫とは沖縄県を除く26都道府県に支店を持っている政府系金融機関の一つです。国民生活事業、中小企業事業、農林水産事業の3つに分かれており、資金調達の支援を行うという点は共通していますが、それぞれで想定しているお客様が異なります。国民生活事業は一般個人や個人事業主・小規模企業、中小企業事業はその名の通り中小企業、農林水産事業は農業、林業、水産業を営む事業者をそれぞれ対象としています。
特に国民生活事業は創業支援に力を入れており、起業したばかりの法人や開業したばかりの個人事業主の方にも利用しやすい制度融資が多くあります。
開業当初は地元の地方銀行から調達を検討される方が多いのですが、一度日本政策金融公庫の国民生活事業などに相談してみるのもおすすめです。

制度融資

地方自治体が推進している制度融資も、創業融資としてはおすすめの制度です。
たとえば、東京都の制度融資は、東京都と東京信用保証協会と指定金融機関の三者が協調して運営しています。東京信用保証協会は、経営者の人物、資金使途、返済能力などについて審査を行い、融資を行うか否かなどを決定します。万が一返済が不可能となった場合には、信用保証協会が金融機関に返済し、債務者は、信用保証協会に借入金を返済します。
このような創業者向けの融資制度は、地域ごとに設けられているので、各地方公共団体のホームページで確認しましょう。

参照:東京都中小企業制度融資

▶ 融資・資金調達に強い税理士を探す

新しい資金調達方法

企業の資金調達方法は、大きく分けると内部資金の利用と外部からの調達があります。

内部資金
内部資金とは、獲得した利益を源泉とした内部留保とキャッシュアウトを伴わない減価償却および引当金によって留保される資金をいいます。
外部資金
外部からの資金調達は、デッドファイナンス、エクイティファイナンス、メザニンファイナンス、アセットファイナンスに分類されます。

①デットファイナンス
一つ目が「デッドファイナンス」です。これはB/S(バランスシート:貸借対照表)上の負債(デッド)に計上される調達方法です。借入金と社債に分類され、借入金には証書借入れ、手形借入れ、当座借越し、シンジケートローン、コミットメントラインなどがあげられます。
社債には、普通社債、新株予約権付社債、コマーシャルペーパーなどがあります。

②エクイティファイナンス
エクイティファイナンスとは、新株を発行することで資金を調達することをいいます。エクイティファイナンスは、B/S上の純資産(旧:資本、エクイティ)に計上されるもので、株式発行や利益留保、ベンチャーキャピタル(VC)などからの出資による調達を指します。

③アセットファイナンス
資産の流動化やアセットベーストファイナンス(ABF)があります。さらにABFはアセットベーストレンディング(ABL)、ファクタリング、手形割引きなどがあります。

※メザニンファイナンスを入れる場合も
上記3つの他に、メザニンファイナンスに分類する方法もあります。メザニンを直訳すると、「中2階」です。つまりデッドファイナンスとエクイティファイナンスの中間に位置する調達方法が、メザニンファイナンスです。

上記のように、ひとくちに調達方法と言ってもさまざまな方法があります。
シンジケートローンは、デットファイナンスのひとつです。

▶ 融資・資金調達に強い税理士を探す

まとめ

  • シンジケートローンとは、複数の金融機関が1つのシンジケート団を組成して大規模な資金調達を行う際の手段
  • アレンジャーとの交渉のみで複数の金融機関から多額の融資を受けることができる
  • ただし、アレンジャーやエージェントに手数料を支払う必要がある

シンジケートローン、コミットラインは、一般的な銀行などから融資を受けるといった資金調達の方法ではありませんが、中小企業でも積極的に検討したい方法です。また、状況によっては、借入金依存型ではなく自己資本を利用した資金調達も検討していく必要があります。
どの資金調達方法を利用するべきかは、個々の状況によって異なりますし、自社が求める目的によっても異なります。
資金調達に精通している税理士であれば、ここでご紹介した以外でも中小企業が利用できる資金調達の方法を提案してもらうことができます。

税理士をお探しの方

税理士検索freeeでは2,000以上の事務所の中からシンジケートローン、コミットラインについて相談できる税理士を検索することができます。
また、コーディネーターによる「税理士紹介サービス」もあるので併せてご利用ください。

税理士の報酬は事務所によって違いますので、「税理士の費用・報酬相場と顧問料まとめ」で、税理士選びの金額の参考にしていただければと思います。

融資・資金調達に強い税理士を探す

借入(金融機関)にノウハウを持つ税理士を探す

地域から借入(金融機関)に実績がある税理士を探す

より細かいカテゴリから税理士を探す

人気記事

タグ一覧

業種

その他

PageTop