帳簿とは|主要簿と補助簿って何?それぞれの帳簿の意味は?

公開日:2019年12月13日
最終更新日:2020年05月25日

目次

  1. 帳簿とは
    • 帳簿はなぜ必要か
  2. 帳簿の種類
    • 主要簿
    • 補助簿
    • 会計ソフトの利用
  3. まとめ
    • 税理士をお探しの方

この記事のポイント

  • 帳簿とは、事業の取引やお金の流れを記録するもの。
  • 帳簿には、簿記の基礎となる「主要簿」と、その主要簿の記録を補う「補助簿」がある。
  • 帳簿は最終的に損益計算書や貸借対照表といった決算書を作成することになる。

 

帳簿とは、事業の取引やお金の流れを記録するもので、簿記の基礎となる「主要簿」と、その主要簿の記録を補う「補助簿」があります。
また、記帳方法は、簡易簿記と複式簿記という2つがありますが、それぞれ必要な帳簿が異なります。
確定申告を青色申告で行い、65万円の特別控除を受けるためには、取引やお金の流れを「勘定科目」や「仕訳」によって詳細に記帳する複式簿記の作成が義務づけられています。
単式簿記は、簿記の知識がなくても家計簿的な感覚でつけることができますが、10万円の控除しか受けることができません。

会計ソフトを利用すれば、簿記の知識がなくても複式簿記は簡単に作成することができますので、ぜひ複式簿記の作成にチャレンジしましょう。

▶ 記帳指導(自計化)に強い税理士を探す

帳簿とは

帳簿とは、事業の取引やお金の流れを記録するものです。
記帳方法は、簡易簿記と複式簿記という2つがありますが、それぞれ必要な帳簿が異なります。
簡易簿記は現金出納帳・預金出納帳・買掛帳・売掛帳・経費帳・固定資産台帳の6つの補助簿です。一方、複式簿記は簡易簿記と同じ6つの補助簿に加え、仕訳帳と総勘定元帳の主要簿の作成が義務づけられます。

確定申告を青色申告で行い、65万円の特別控除を受けるためには、取引やお金の流れを「勘定科目」や「仕訳」によって詳細に記帳する複式簿記の作成が義務づけられています。
単式簿記は、簿記の知識がなくても家計簿的な感覚でつけることができますが、10万円の控除しか受けることができません。

会計ソフトを利用すれば、簿記の知識がなくても複式簿記は簡単に作成することができますので、ぜひ複式簿記の作成にチャレンジしましょう。

帳簿には、取引年月日、内容、相手先、金額などを記載します。
帳簿というと、「面倒なもの」というイメージを持つものですが、決してそのようなことはありません。
帳簿の記帳は、ほとんどが反復した事例の積み重ねなので、一定のルールを理解すればスムーズに作業をすることができます。

帳簿は、確定申告を行うために必要な最終的に損益決算書と貸借対照表を作成します。

この確定申告には、白色申告と青色申告の2つのタイプがあり、以前はこの二つの青色申告と白色申告の大きな違いは、帳簿をつける義務があるか否かでしたが、平成26年から白色申告の場合にも、帳簿をつけることが義務づけられることになりましたので、白色申告のメリットはほぼなくなりました。

青色申告の帳簿づけは「複式簿記」なので、白色申告の「簡易簿記」と比べると、ややハードルが高くはなりますが、会計ソフトを利用すれば、両者の記帳の手間はほとんど変わらなくなりますので、ぜひ複式簿記の作成に挑戦しましょう。

なお、青色申告は、事前に届け出をして帳簿を作成し、決算書を提出する必要がありますが、税制上さまざまなメリットがありますので、必ず青色申告の承認を受けておきましょう。

「青色申告のために必要な帳簿づけ」を読む

帳簿はなぜ必要か

帳簿は、取引やお金の流れを記録するものですが、これらをきちんと記録することで、儲かっているのか、経費がどれだけかかっているのかなどを正確に把握することができるようになります。さらに、帳簿は最終的に損益計算書や貸借対照表といった決算書を作成することができますが、これらの決算書を分析すれば、どの経費を削減するべきか、将来事業をどう成長させていくべきか、などの経営方針を決定する資料とすることもできます。
つまり、帳簿を作成するということは、確定申告をするために必要となるだけでなく、経営者自身に最も大きなメリットがあるのです。

▶ 記帳指導(自計化)に強い税理士を探す

帳簿の種類

帳簿には、簿記の基礎となる「主要簿」と、その主要簿の記録を補う「補助簿」があります。
主要簿の「総勘定元帳」と「仕訳帳」は、現金の動きや残高、増減した取引の内容が示されます。これらの主要簿をもとにして、決算書(損益計算書・貸借対照表)が作成されます。

主要簿

主要簿には、「総勘定元帳」と「仕訳帳」があります。そして、この2つの帳簿から青色申告決算書が作成されます。

総勘定元帳
すべての取引を勘定科目別にまとめたもの

仕訳帳
すべての取引を仕訳して、発生順に並べたもの

総勘定元帳は、仕訳帳に記載した仕訳を勘定科目別に書き写して作成します。この勘定科目ごとに作成された帳簿を総勘定元帳といい、この書き写す作業を転記といいます。
勘定科目とは「売掛金」「買掛金」「新聞図書費」「交際費」「打ち合わせ会議費」など、お金の流れや取引内容を分類するためのものです。
事業を行うためには、さまざまな取引がなされますが、その取引が何であるのか分からないと、お金の流れを正確に把握することができません。
そのため、勘定科目を使って取引内容を明確にするのです。

補助簿

補助簿とは、主要簿を補う目的で作成される帳簿で「現金出納帳」「預金出納帳」などがあります。
たとえば、ツケによる販売は「売掛金」、ツケによる仕入れは「買掛金」といいますが、これらを管理するのが「売掛金元帳」「買掛金元帳」と呼ばれる補助簿です。
補助簿のうち、代表的なものは以下の5つです。が、すべての補助簿が必要となるわけではありません。こまめにつけるのは、現金出納帳だけというケースも多いでしょう。
また、ライターやデザイナーなど仕入のない仕事なら買掛帳は不要ですし、完全な現金商売なら、売掛帳、買掛帳も必要ありません。

現金出納帳
入金伝票や出金伝票から転記し、現金のやりとりをまとめたもの

預金出納帳
銀行口座でのやりとりをまとめたもの

売掛帳
取引先別に売掛金に関する取引を記入して管理するもの

買掛帳
取引先別に買掛金に関する取引を記入して管理するもの

固定資産台帳
減価償却する固定資産(パソコンや車など)を入力して管理するもの

会計ソフトの利用

帳簿を作成する場合には、会計ソフトを利用するのがおすすめです。
とくに、「クラウド会計ソフトfreee」は、簿記がよくわからないという人でも、視覚的に入力することができるよう工夫されています。勘定科目がわからなくても、摘要欄の文章から自動で勘定科目を判別し、現金出納帳や預金出納帳、総勘定元帳、決算書の作成まで自動で作成してくれます。

クラウド会計ソフト freee



会計freee



クラウド会計ソフトfreeeなら会計帳簿作成はもちろん、日々の経理業務から経営状況の把握まで効率的に行なえます。ぜひお試しください!




また、「クラウド会計ソフトfreee」はサポート体制も万全で、分からないことがあればすぐに質問に答えてもらうことができます。
「クラウド会計ソフトfreee」は、クラウド型の会計ソフトなので、月額または年額の使用料を支払うことですぐに利用を開始することができます。
無料会員のプランもついていますので、試しに利用しながら、利用するかどうかを検討するのもよいでしょう。
もし、どの会計ソフトを利用すればよいのか分からない時には、税理士に相談してみましょう。「クラウド会計ソフトfreee」の認定アドバイザーなら、簿記の知識の程度や特長を踏まえたうえで、導入からサポートをしてもらうことができます。

▶ 記帳指導(自計化)に強い税理士を探す

まとめ

会計ソフトを利用すれば、取引ごとに借方なのか貸方なのか悩むことなく、簡単に記帳作業を行うことができますが、総勘定元帳や仕訳帳、売掛金元帳などが、どのような内容の帳簿なのかは知っておいた方がスムーズです。
不明点などがあれば、税理士に気軽に問合せをして、仕訳の方法から会計ソフトの利用法、決算書の作成までアドバイスをもらうのがおすすめです。

税理士をお探しの方

税理士検索freeeでは2,000以上の事務所の中から帳簿のつけ方や会計ソフトの導入などについて相談できる税理士を検索することができます。
また、コーディネーターによる「税理士紹介サービス」もあるので併せてご利用ください。

税理士の報酬は事務所によって違いますので、「税理士の費用・報酬相場と顧問料まとめ」で、税理士選びの金額の参考にしていただければと思います。
記帳指導(自計化)に強い税理士を探す

法人の税務調査にノウハウを持つ税理士を探す

地域から法人の税務調査に実績がある税理士を探す

より細かいカテゴリから税理士を探す

人気記事

タグ一覧

業種

その他

PageTop