1. 税理士TOP
  2. 税理士相談Q&A
  3. 経理・記帳・仕訳
  4. 固定資産の除去・登録について

固定資産の除去・登録について

・固定資産のパソコンが壊れて処分する際に、証拠の写真等は撮っておく必要がありますか?
・30万円未満の固定資産を中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例を使って全額損金にする場合には、備忘価格の1円は不要でしょうか?

実物があるかないかで判断できるので、ペーパーはなくても大丈夫です。

余計な書類を残す時代じゃないですね。

  • 回答日:2021/09/18
  • この回答が役にたった:1
  • この回答が役にたった

必須

あと

必須

質問投稿者以外は返信できません。メールアドレスは質問者の確認のみに利⽤します。

スタートアップ税理士法人/社会保険労務士法人/司法書士法人

スタートアップ税理士法人/社会保険労務士法人/司法書士法人

  • 認定アドバイザー評価ランク5
  • 東京都

税理士(登録番号: 125734), 社労士(登録番号: 13170062), その他

ご質問ありがとうございます!
①固定資産の廃棄について
固定資産を正しく処分したことを証明するために、廃棄業者から廃棄証明書をもらえる場合は、そちらを保存して頂き、廃棄証明書の取得が難しい場合は、廃棄費用、引取費用などの請求書や領収書、廃棄した資産の写真等を客観的証拠として保存して頂けるとよろしいかと思います。

②少額減価償却資産の備忘価額について
少額減価償却資産の特例は、取得価額を全額損金に出来る特例ですので、備忘価額の1円は不要になります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スタートアップ税理士法人
スタートアップ社会保険労務士法人

◆メールでのお問い合わせ
 freee_ans@tax-startup.com
 (メールは新宿、横浜共通です。)

◆お電話でのお問い合わせ
 新宿本社
 東京都新宿区新宿 4-3-17 FORECAST 新宿 SOUTH 7 階  
 Tel :03-6274-8004

 横浜支店
 神奈川県横浜市西区北幸 2-3-19 成和ビル4F 
 Tel :045-577-3751

◆チャットワークでのお問い合わせ
 チャットワークID 
 startup99

◆LINEでのお問い合わせ
 https://lin.ee/YL0RG6D

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • 回答日:2021/09/01
  • この回答が役にたった:1
  • この回答が役にたった

必須

あと

必須

質問投稿者以外は返信できません。メールアドレスは質問者の確認のみに利⽤します。

荒井会計事務所

荒井会計事務所

  • 認定アドバイザー評価ランク5
  • 群馬県

税理士(登録番号: 63578), 公認会計士(登録番号: 35025), 社労士(登録番号: 13120156), 行政書士(登録番号: 16140764), 中小企業診断士(登録番号: 421403)

はじめまして。
●固定資産に該当するものが故障や破損などで処分する際の証拠保全の必要ですが、目に見える破損や故障といったような場合かつ修繕するような場合には、記録の保全、写真撮影いただけるのであれば撮影いただくことをおすすめしております。これは税務調査などで、修繕なのか、資産なのかという論点で指摘が入る可能性があるからです。今回は、修繕ではなく処分とのことですので、立て続けに発生しているなどの特別な事情ないようであれば特段写真などを保管いただく必要はないと考えられます。
●少額減価償却資産については、備忘価格は不要です。
これは有形固定資産については、企業会計原則(第三・五D)に基づき備忘価格処理をするとされていますが、措置法による特例として少額減価償却資産は、取得価額相当金額を全額即時処理できると規定しているためと考えられます。
また少額減価償却資産については、償却資産税が課税される資産となりますのでその点もあわせてご確認ください。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/hojin/5408.htm
(中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例 国税庁)

  • 回答日:2021/08/31
  • この回答が役にたった:1
  • この回答が役にたった

必須

あと

必須

質問投稿者以外は返信できません。メールアドレスは質問者の確認のみに利⽤します。

所沢のCHO・本間税理士事務所

所沢のCHO・本間税理士事務所

  • 認定アドバイザー評価ランク3
  • 埼玉県

税理士(登録番号: 144671)

ご質問ありがとうございます。
・証拠の写真はあまり聞いたことがありません。
・少額減価償却資産の備忘価格は不要かと思います。
ご存知かもしれませんが、20万円未満であれば一括償却資産にもできます。一括償却資産であれば償却資産税の対象にはなりませんが、少額減価償却資産にすると、償却資産税の対象になりますので注意が必要です。

  • 回答日:2021/08/31
  • この回答が役にたった:1
  • この回答が役にたった

必須

あと

必須

質問投稿者以外は返信できません。メールアドレスは質問者の確認のみに利⽤します。

質問への回答を投稿してください

あと

タグ指定・タグ変更

タグのみ変更する場合は変更するタグを選択し、投稿内容は何も書かずに「投稿する」ボタンを押してください。

freee