税務調査の質問一覧

  1. 税理士TOP
  2. 税理士相談Q&A
  3. 質問一覧
  4. 税務調査の質問一覧

65件中1-20件を表示

  • 家事按分について

    家事按分のルールを登録しようとしています。 以下URLの説明に従って登録しようとしていますが品目名に「事務所家賃」の選択肢が出てきません。 https://support.freee.co.jp/hc/ja/articles/202849030 どのように対応すればよろしいでしょうか? また、家賃按分について事業利用比率を記入する必要がありますがトイレの範囲も含めてだいたいの%の記入で宜しかったでしょうか?

    • 社会保険料について

      現在副業として合同会社を役員報酬0で経営しております。理由は本業の会社に役員報酬支給に伴う健康保険の加入義務でバレることを防止する為です。 しかしながら税務調査の際に、交際費などが否認されれば実質的な給与支給となり、役員賞与と見做されるとお伺いしました。 この場合、役員賞与と見做された際に健康保険・厚生年金保険 被保険者所属選択・二以上事業所勤務届を新たに提出する必要があるのでしょうか?もしくは別途、役員報酬0なので経常的な支払いが発生しないことから、個別に支払うのでしょうか? もしくは役員賞与と見做された場合で健康保険料を支払うことを看過していた場合は2年に遡って徴収されるイメージでしょうか?※本業では社保加入済みです よろしくお願い申し上げます。

      • 総勘定元帳について。

        法人ですが、先日税務調査が入り、売上伝票、総勘定元帳、等々、直近3期分提出しろと言われました。 税理士は直近3期のなかで一度変わっています。 直近2期は変わらずその前は違う税理士です。 申告書はそろっていますが、総勘定元帳がその前の税理士からはもらっていないと思います。 この様な時はどうすればいいのでしょうか? もう付き合いのない税理士からだしてもらうことはできるのでしょうか?

        • 過少申告加算税について

          過少申告加算税についての税法で、 "修正申告書の提出等により納付することになった税額の計算の基礎となる事実の全部又は一部が、期限内申告書に含まれていなかったことについて正当な理由がある場合には、これに係る税額についての過少申告加算税又は無申告加算税は課されない" と記載がありますが、正当な理由について具体例を教えていただけませんでしょうか? 宜しくお願いいたします。

          • 立て替え交通費の先方負担の取り扱い

            個人事業主です。 交通費は先方負担で講演を依頼されました。後日、講演料とともに立て替えた交通費は交通機関の領収書を付けて送付しました。そして、先方から講演料とともに当方が立て替えた交通費が入金しました。 そして、講演料は売り上げに(当然)、交通費は相殺処理をしました。 この一連の取引に対して、交通費も〝売上処理をすべき〟との指摘を税務署から受けましたが、当方が立て替えた同じ金額の交通費が入金されたのですから、なぜ(売り上げ処理)をしなければならないのか納得できません。 また、交通費には消費税が含まれています。売上処理した場合、消費税が含まれた金額に所得税がかかることになります。二重課税でこれも納得できません。 よろしくご教授下さい。

          • フリマアプリで売却時の確定申告

            断捨離時に今までコレクションしていたものなどを出品していたら20万円以上の売り上げとなっていました。 この場合確定申告が必要となるのでしょうか?

          • 役員報酬を振り込む際の注意点について

            今年設立したばかりの、役員3名の株式会社です。 それぞれの口座に入金しておりますが、ある口座の得点として【給与】という記載があると優遇される銀行があります。 役員報酬を振り込んでいますが、取引名称に【給与】と記載しても税法上問題ないでしょうか? 現時点では不明のため、記載してはおりません。 ご回答よろしくお願い申し上げます。

          • 税務調査の指摘事項があまりにも細かいため疑問があります。

            中小企業のものです。 今年2度目(前回は5事業年度前)の税務調査が入り、納税額の折衝を行っている状態ですが、指摘事項があまりにも細かく感じたため疑問を抱きました。以下が現状です。 当社は売上,外注費が損益の大半を占めています。そして、それらに係るキャッシュが銀行を介して移動するため、明らかな不正をしない限りは誤魔化せません。 よって、減価償却費,人件費,交際費といった比較的大きな金額となっている項目に担当者からの指摘が集中しました。調査された3事業年度分の全てについて損金算入が否認されたとして、課税所得としては1000万-1500万程度だったと思います。 調査が終了し、対応可能な指摘事項(議事録,領収書の不備など)に対応(不備の是正,資料の提出など)を行い、担当者との折衝を行いました。 2週間ほど経過した後、調査した3事業年度及び、それ以前の2事業年度にかかる資料の追加提出が要求されました。 前者については保管している領収書全て、後者については人件費に係る資料全てが対象でした。 追加提出をした1ヶ月半後に連絡があり、担当者の方と面談となりました。 先方から渡されたのは、不備を非常に細かく記載した一覧表でした。 一例として、①「飲食部で使う食器類の購入費として経費計上されているが、種類及び個数の指摘が必要である」「②この書物は誰が読むために購入していて、実際に利用されているのか」③「出張費として計上されているが本当に必要なのか」といったものがあります。 現状の重加算税を含めた税金の要支払金額を質問したところ、2500-3000万だと言われ、指摘事項の対応を求められました。また、以前対応した指摘部分に関しては損金算入が概ね認められていました。 ここで担当者の指摘があまりにも細すぎるのではないかと以下の疑問を抱きました。 ・飲食部があるのにも関わらず、①のように食器類の種類や個数,用途の記載まで求められるものなのか ・②③のような指摘には、対応したところでその真偽を確定することは難しく、担当者の一存で否認されるのではないか ・調査当初の様子ならば要支払税金は多く見積っても1000万程度であるのに、こんなにも支払額が増えるのは異常ではないか ・ノルマ達成等のために担当者が過剰な調査をしているのではないか 長くなりましたが、回答,アドバイス等よろしくお願いします。

            • 海外fx、海外送金について

              海外fxを今年から始めて、利益が出ずマイナスになってしまいました。 口座を4つ持っており、2つは黒字、もう2つは赤字となりました。これを合算するとマイナスになりました。 この場合確定申告は必要ないことは分かりましたが、海外送金の金額についての詳細がわかりません。 海外fxの口座に入金した金額が4つの口座を足して約10万円です。やり方としては、利益が少しでも出たら出金し、1つの口座が破綻してしまったらその出金した金額をまたfxの口座に入金するというやり方でやっていました。(少しの利益は2万から3万円です) 海外送金の入出金の合計はざっと計算して50万円でした。 この場合、税務署から通知などは来たりしませんか?また、怪しまれたりするのでしょうか?何か注意した方が良い点などがありましたらお願いします。 とても分かりにくい文章ですみません。回答よろしくお願いします。

              • 税務調査の税額計算方法

                売上増加無し(増減0)・経費の減額(所得の増額)ありです。税務調査で間違いが見つかり重加算税にはならないそうです。消費税と所得税、それぞれの加算税の計算方法について教えて下さい。よろしくお願い致します。

                • マイナンバー紐付け口座

                  マイナンバーに一つ銀行口座を紐付けすれば自分が持ってる全ての銀行口座の預金などが国や自治体に把握されるのでしょうか?それとも紐付けした口座のみが把握されるのでしょうか?

                • 親からの金銭の贈与について

                  親から2000万円の贈与を受け、申告し税金を払いました。 親が亡くなったあとのことを考えて、親から譲渡書をもらった方がいいと周りが言うのですが、親がそういうものを書くのを嫌がっていて、譲渡書が必要か知りたいです。 特に問題ないなら無理に貰わなくてもいいかなぁと思っているのですが。なにか問題がありますか❓ 税金はきちんと正規の金額を支払いました。

                  • 贈与税申告書に記載した贈与者には何か調査が入るのか?

                    知人から500万円が口座振込あり。贈与とのこと。申告書に住所・氏名の必要アリと伝えると贈与者に調査が入るのではと危惧。そんなことがあるのでしょうか。贈与税は52万円と計算し、支払う予定。

                    • 経費申告否認された場合

                      経費として申告したが、税務調査で否認された場合は役員賞与となるようですが、この場合、調査された年度の所得となるのでしょうか? 例えば、過去、3年分を調べた結果、2年前の経費等が否認された場合、2年前の所得となるのか?それとも、調査された年度の所得とされるのか? 文章にまとまりがなく、申し訳ありませんが、宜しくお願いします。

                      • 慶弔見舞金を支給する際の証左

                        就業規則に定めた慶弔見舞金(金額は社会通念上の範囲内です)を支給するにあたり、本人からの慶弔申請書を提出させており、特にその(結婚等)の証左になるようなものは徴求しておりませんが、非課税として扱って監査上、問題ないでしょうか。

                        • 売上伝票保管について

                          稚拙な質問になるかもしれませんが、ぜひご回答お願い致します。 飲食店の経営を始めました。手書き伝票で、伝票には手書きで連番をふっています。営業終わりに伝票内容全ての確認とレジジャーナルを突き合わせて確認、レジ内の売上と釣り銭金額の確認をしております。 確認が終わったら、伝票は番号順に並び替えて保管が望ましいでしょうか?それとも、伝票とジャーナルの順番を合わせたまま保管しておくのが望ましいでしょうか? まだ古いやり方で経理をしており、今、経理の時間削減のための効率的な進め方を模索しております。 ご回答よろしくお願い致します!

                          • 自分の会社の仕事を、外注先を通して自分で仕事を受ける事について

                            サラリーマンで営業をしておりますが、常時取引をしている個人事業主の外注先に仕事を依頼し、 その外注先から、さらに外注先として、私個人が仕事を受ける場合、問題になりうる点はどのような点になりますでしょうか。 外注先の個人事業主は適切に確定申告をしており、私も雑所得として確実に申告は行う予定です。 一応、上記業務は休みの日や退社後の時間を利用して行う想定です。 よろしくお願いします。

                            • 小売店、社員割引、購入、友人割引、販売、領収書

                              スポーツ用品の小売店で働いてるものです。 通常、自分の働くお店で自分が社員割引で購入する場合、販売価格の30%引きになり、友人や知人などに販売する場合は、20%引きで販売しております。 例えば、双方にも許可を得て、店頭販売価格¥10,000(税込)の商品を 社割の¥7,000(税込)で購入し 友人に¥8,000(税込)で販売したとします、この場合、友人への領収書はどのようにしたらいいのでしょうか? 友人宛に¥8,000でお店の名前で発行するのは何か法に触れるのでしょうか?

                              • 社員割引、友人割引、購入、販売、利益、領収書について

                                社割で購入し、友人割引で販売した時の領収書について質問です。 スポーツ用品の小売店で働いてるものです。 通常、自分の働くお店で自分が社員割引で購入する場合、販売価格の30%引きになり、友人や知人などに販売する場合は、20%引きで販売しております。 例えば、双方にも許可を得て、店頭販売価格¥10,000(税込)の商品を 社割の¥7,000(税込)で購入し 友人に¥8,000(税込)で販売したとします、この場合、友人への領収書はどのようにしたらいいのでしょうか? 友人宛に¥8,000でお店の名前で発行するのは何か法に触れるのでしょうか?

                                • 自動引落 リース資産 返済予定表の保存について

                                  株式会社で経理を担当しています。弊社のリース資産は、IT機器(PC・複合機など)、リース車です。 自動引落になっているリース資産の返済予定表・契約書の原本は、他部署(ITは、情報システム部・リース車は総務部)で保管をしているため、経理部としてはその月に自動引落があった返済予定表のコピーを、月ごとにファイリングをしています。私としては、返済予定表のコピーを毎月ファイリング不要だと思うのですが、税務調査対応として問題のない方法をご教示いただけますでしょうか。宜しくお願い致します。

                                  1~20件 / 65件