確定申告の質問一覧

  1. 税理士TOP
  2. 税理士相談Q&A
  3. 質問一覧
  4. 確定申告の質問一覧

1515件中1-20件を表示

  • 大学生の住民税、確定申告について

    現在、親の扶養に入っており扶養から抜けたくはありません。 バイトで年間48万円、派遣キャバで年間48万円(派遣キャバは給与ではなく報酬だと思います。)稼いだ場合、確定申告はしなくて良いのでしょうか? また、住民税への申告の必要はありますか?

    • サラリーマンから個人事業主になった年度の確定申告

      2022年1月〜6月までサラリーマンとして企業に勤め、7月より個人事業主として開業しました。 今年度の確定申告時にサラリーマン時の給与所得と個人事業主としての売上を合算して申告する形で良いのでしょうか? また、確定申告時に注意すべき点があればご教示頂けますと幸いです。 宜しくお願い致します。

      • 為替差益に関して

        為替差益での確定申告が必要かどうか?の質問です。 ドルを購入して円安になった為、円に戻したけれど、もっと円安が進む可能性があるため、同じ年に再度全額円をドルに換えた場合です。これは同一銀行内での購入、再購入になります。 この場合、為替差益は確定しているのでしょうか? それとも同一年に再度ドルに買い戻したため、為替差益は確定していない、と 考えてよいでしょうか? よろしくお願いします。

        • ハンドメイド 確定申告について

          初めまして。本業が医療系で副業で数年前からフリマアプリ2か所で販売しています。 売り上げが立ってきましたので 雑所得での確定申告を考えています。 帳簿はつけておらず、材料を買った領収書やネットで買った場合 購入履歴からでも取り出せます。 まず何から準備をしたら良いのか、わかりません。

          • メルカリの確定申告について

            気になったので、昨年1年間のメルカリの売上を調べた所、65万円程でしたが、こちらは過去に購入したおもちゃ等で不要と判断した物の出品でした。 それらの物品の、私が購入し手に入れた際の金額の合計を調べてみたところ、70万円は超えているようだったのですが、このような場合でも確定申告は必要となりますでしょうか。 本業は会社員ですが、メルカリの売上が20万を超えていたので気になりました。

          • 複数の個人事業について

            個人事業で複数の事業を経営しているのですが、その場合、費用は合算して考えてよろしいのでしょうか。それとも、各事業の範囲内でしか経費として認められないのでしょうか?

          • 所得税の税金控除について

            土地評価価値が200万円程、6坪の土地をNPO法人に寄贈を検討しております。寄贈した際に所得税控除を受けれるのでしょうか?教えてください。

            • 海外FXの税金について

              現在サラリーマンの傍らラーメン屋でアルバイトもしています。 海外FXは20万以下だと確定申告は必要ないと思いますが、この20万と言うのはアルバイトのお給与も含めた金額になりますか?  教えて下さい。

              • 扶養内での個人契約・業務委託掛け持ちについて

                夫の扶養内でできる仕事を探している専業主婦です。 年30万円程度の収入が見込まれる作業お手伝い(個人契約)と出来高制の業務委託との掛け持ちを考えています。 この場合、 ①確定申告は必要でしょうか。また、どちらか片方になった場合はどうすれば良いでしょうか。 ②開業の届出は必要でしょうか。 ③個人契約分の年30万円が確定としたうえで扶養内におさめるには、業務委託での収入はいくらまでなら問題ないでしょうか。 お手数をおかけしますが、ご回答のほどよろしくお願いいたします。

                • FXの損失

                  現在、個人の確定申告をしております。FXで損失が出ているのですが、給与などと相殺させることはできないという認識でよろしいでしょうか。念のため、確認させてください。

                  • 年度をまたぐ売上について

                    Amazonを利用して、商品の販売をしております。Amazonからの売上レポートは1月に来るのですが、商品の納品は12月に完了しております。その場合、今年と来期の確定申告のどちらに織り込むのでしょうか?

                  • 固定資産の事業供用開始日について

                    R4.10月17日に機械装置を取得したのですが、年度末の時点でまだ機械を利用していません。この場合の事業供用開始はいつにしたらよいのでしょうか?

                    • 交通費は経費にしても良いのでしょうか?

                      個人事業主です。 月に一度、報酬明細が来るのですが、交通費からは源泉徴収されていません。 源泉徴収される前の報酬+交通費=事業収入との認識ですが、交通費からは源泉徴収されていないのに、その仕事にかかった交通費は経費にしても良いのでしょうか? また、確定申告の収入の内訳で源泉徴収された額に実際の源泉徴収された額を記入すれば、etaxがその交通費の分の源泉徴収は自然に計算してくれるのでしょうか?

                    • メルカリで得た住民税の質問です

                      会社員として働いています 去年の春からメルカリにでハンドメイドの品を販売しています 3万円程売上がありました 最近、メルカリでハンドメイドを出品すると副業になると知りました 私が働いている会社は副業が許されていません 質問があります 1.売上が20万円以下なので確定申告は不要だと思いますが住民税の支払が必要だと思います 役所に行き、申請・支払をすれば会社にバレないでしょうか? 2.メルカリでの売上だけを「普通徴収」することが出来ますでしょうか? もし出来るなら役所に申請する時に「普通徴収」に出来るのでしょうか? 3.役所でメルカリの売上の住民税を支払いましたら源泉徴収に影響があるでしょうか?

                      • 外貨から日本円に換金してない分は、収入としてカウントしなくて良いのですか?

                        海外の会社から、ユーロで報酬を得ています。 ユーロは、paypalという決済サービスの口座に送金されます。そこから、日本国内の銀行に振り替え日本円に換金して受け取っています。 paypalの認証手続きに時間がかかり、11月分の報酬が、しばらく引き出すことができず、新年を迎えてしまいました。やっと引き出すことが出来たのは、1月下旬です。 そうすると、確定申告のときは、この11月分の報酬はカウントするのでしょうか? 教えてください。

                      • 返済済みの借入金、貸借対照表の貸借対照表の期末の金額がマイナスに

                        返済済みの借入金(パイプハウス)の貸借対照表の期末の金額がマイナスになっている。銀行口座と直結した会計ソフトを使っており、引き落としがあれば会計ソフトに自動的に登録される仕組みになっている。はっきりしたことはわからないが、借入期間中に会計ソフトの変更があり、うまく連動できてなかったものと思われるが、どうしてマイナスになったかわからず、 どのような対応が良いのか教えていただければと思います。(昨年1月13日の質問者と同じような事態となってると思います)

                        • 開業費について

                          21年度6月開業 開業費が973608円でした。 自動計算にしてたら、未償却残高が860020円になってます。 22年度は減価償却費をいくらに設定したらよろしいのでしょうか? また、固定資産として記入する場合、研修費などまとめている場合、 耐久年数は何年に設定したらよろしいのでしょうか?? よろしくお願いします!

                          • 報酬から源泉徴収された額に+交通費の時の計上について

                            モデル事務所から報酬+交通費として明細をもらっています。 報酬からのみ源泉徴収されていています。 毎月の報酬明細は報酬から源泉徴収された額に+交通費といった形です。 その場合、確定申告の売上(収入)金額に交通費は入れる認識で大丈夫でしょうか? 入れた場合、実際にかかった交通費は全て経費の旅費交通費にする形でしょうか? また、交通費からは源泉徴収されていないのですが、確定申告の源泉徴収額の部分は源泉徴収された支払調書の額を記入すればいいのでしょうか? また、別の取引先からは報酬は振り込みで、交通費のみ手渡しで受け取った場合も売上(収入)金額に入れるのでしょうか?

                            • フリーランス12月の売上で翌年回収の場合の源泉徴収の取り扱いについて

                              <背景>・個人事業主で書き物の仕事。10日締めの翌月10日に支払いを受ける。 ・10日締めのため、毎年12月10日締め日以降12月31日までに納品したものについて、その年の売り上げになるため、1月10日に送られてくる支払書を使用して、そこから該当分(前年12月10日-31日に納品したもの)の売上金額と源泉徴収の金額を仕訳入力している。 ・毎年送られてくる支払調書の金額は、12月10日締めまでの内容で記載されている。 <質問>毎年12月10日-31日までに仕事はありますし、その仕事に該当する源泉徴収について確定申告の際に「未納の源泉徴収の金額」に入力して、「源泉徴収税額の納付届出手続き」というのを毎年やらないといけないものでしょうか?というのは、以前税務署に電話をしたときに、「別に支払調書に合わせてもいいと思うんだけど(つまり、12月10日以降-31日までのものは次の年の売り上げとする)」という意見や「あなたのやり方は正しいけど、支払い調書のまま、やっている人もいるよ。」ということも聞きました。もちろん、支払い調書に合わせてやるのが一番楽だし、そうやっている人もいるなら、そうした方が一番だと思うのですが、どうなのでしょうか?また、正規のいつものやり方でやっている場合において12月10-31の売り上げに対する源泉徴収額(2月10日の入金の際に実際に引かれる)を「未納の源泉徴収額」という箇所に入れ忘れた場合はどうなりますか?あるいは入れないという(金額が少額であるし、確実に2月に入金があるし、毎年繰り返しのことなので)選択はできますか?そして、①のやり方で受け入れられるのであれば、それに変えたいと思いますが、突然今年から変えていくというのは可能なのでしょうか?以上、複数の質問となりましたが、よろしくお願いいたします。

                              • FXによる収入に係る住民税について

                                アルバイト収入が200,000 FXでの収入が425,000 の場合住民税は課税されますでしょうか? 2020年から住民税の基礎控除が430,000となったと認識しているのですが間違いないでしょうか?

                                1~20件 / 1515件