節税対策の質問一覧

  1. 税理士TOP
  2. 税理士相談Q&A
  3. 質問一覧
  4. 節税対策の質問一覧

124件中1-20件を表示

  • 還付目的の確定申告について

    昨年の夏(5月中旬〜7月中旬)に、フルリモートの会社(A社)にて1.5ヶ月ほど副業を行い14万円ほど収入を得ました。その後、7月中旬からは、そのままA社へと転職し現在もフルリモートで働いています。 副業を行う前と副業期間中および入社後に、リモート勤務に必要な机や書籍、動画教材等合わせて40-50万円ほど自費購入しました。これらを経費扱い(副業時の?)として確定申告することにより、還付を受けることは可能でしょうか。 上記のような状態でできる節税対策があれば教えていただきたいです。 もし、節税が不可能な場合は、その旨をお伝えしていただけると幸いです。 お忙しいところ恐縮ですが、ご回答のほどよろしくお願いいたします。

    • 個人事業主において経費に関する質問

      初心者の為、質問多いのですがご回答よろしくお願い致します。 ・請求書をクライアントに送る場合に消費税は記載すれば良いのか?しないとどうなる? ・法人→個人は法人が所得税を払う義務があるが、個人→個人は所得税は支払側が行うのか否か ・個人事業主になって、人に業務委託する際に、必要な書類や手続き(役所に提出しなくてはいけない書類は何か?等含む) ・業務委託した際に、請求書はもらわ理由を教えて欲しいです(確定申告の時に経費として扱ってもらえなくなってしまう等) ・個人事業主は、複数の業種を役所に申請したほうが節税しやすい?業務に関連する経費として認められやすくなるから ・家族が持っている固定資産税、自動車税も経費に落とせる? ・クライアントによって請求書はいらないと言われることがあるがなぜなのか?? ・交通費はどこまで合理的に経費で落とせる? なぜプライベートと業務の区別がバレる? ・ガソリン代の私用と事業の見極めはどうやってするの? ・青色申告の65万控除を受けるため&交通費出勤伝票付きのおすすめの経理会計ソフトはあるか? free会計ソフトを使おうと思っている。 ・ビジネス用の銀行口座を作ったほうが良い?

      • 合同会社適切な役員報酬金額、妻へ役員報酬を支払うことの適否

        昨年まで個人事業主でコンサル業。売り上げ1億2000万円程度、経費1000万円程度、納税見込額4000万円程度。 昨年末に法人成り(合同会社、妻のみ経理従事)し、本年から法人としての業務開始。本年の売り上げも前年同程度が見込まれる。 ①代表社員に月々300万円程度、妻に月々150万円程度の役員報酬を支払う②代表社員に月々500万円程度、妻に8万円程度を支払う③代表者に月々800万円程度、妻に8万円程度を支払う、の3択で検討中。いずれが賢明でしょうか?

        • 減価償却資産について、

          法人です。 繰越欠損金が今回で使い切るので減価償却していきたいのですが、 仕分けはどのようにした方がよいですか? 現在、減価償却累計という科目があります。

          • 資産管理会社について

            サラリーマンですが収入が上がり、年末調整ではなく確定申告が必要な額となりました。 節税について教えて下さい。 ①どんな節税方法があるか ②資産管理会社を作り、妻を代表にする事も考えている。その際、不動産投資などの別の事業が必要か よろしくお願い致します。

            • 振込手数料を自社負担する際の節税対策

              お世話になります。 入金と手数料に関して質問を挙げさせていただきました。 依頼先より入金される際、振込手数料を差し引かれた金額で入金されます。 仮に10000円の入金で振込手数料が220円とした場合 当たり前に処理をするのであれば 入金10000円、支払手数料220円(課税仕入) と入力すべきでしょうが、実際には支払手数料分が値引きされているものと 同意と思います。そうすると 入金10000円、売上値引220円(課税売返)と入力すべきと考えるのですが いかがでしょうか? また値引き処理とした場合、見積書や請求書の影響は出ますでしょうか? 10000円の見積・請求書のままで、freeeでの処理のみ値引きとしてよいもの なのでしょうか? 振込手数料から値引きに変えると消費税課税に関して節税になるのでは? と愚考した次第です。 何卒ご教授賜ります様お願い申し上げます。

              • 車の購入について

                個人事業主です。イベントの出店の際や出張時、仕事場への行き帰り にも利用しますし、家族でのお出かけにも使用する車を購入しようと思います。 一括で支払ったほうがいいのか、ローンを組んだほうが税制上お得なのかどういうやり方がいいのか教えて欲しいです。宜しくお願いします。

                • 銀行振り込みで贈与されたお金を返金して改めて非課税の歴年贈与で貰うことについて

                  2021年12月に、結婚祝いで親から銀行振り込みで200万円貰いました。 その後、贈与税の存在を知ったのですが、 贈与されたお金100万円を返金して、改めて非課税の歴年贈与として2022年に100万円貰うことで贈与税を支払わずに済みますでしょうか? 時系列としては下記です。 2021年12月 200万円贈与 2022年1月 100万円返金 2022年2月 100万円贈与 2021年と2022年の贈与非課税枠としてあつかわれるでしょうか?

                  • クラウドファンディングのリターンが広告設置の場合、広告宣伝費にできますか。

                    スケートボードパークを作るというクラウドファンディングに支援金10万円を払いました。リターンはパークに1mX1mの広告を設置できるというものです。支援金は支払い済、広告設置は今年6月頃の予定です。この場合、10万円は広告宣伝費として経費にできるのでしょうか。よろしくお願いいたします。

                    • 在宅ワークにおける電気代の経費について(法人の場合)

                      夫婦2名で人材紹介事業(株式会社)を営んでおります。 2021年はコロナの影響もあり、仕事は2名ともほぼすべての時間を自宅で行っておりました。 (別途レンタルオフィスを借りているものの、郵便物を回収しに行くぐらいで全く利用しませんでした。) その為、自宅の電気代の一部を経費として計上できないものかと考えております。 個人事業主の場合は、利用時間などで家事按分することで経費化できるようなのですが、法人の場合も同様の方法で経費化できるものでしょうか? 個人事業主と法人で違いがあるのかが気になり、ご質問させていただきました。 例えば、一日の就業時間が8時間なので、1/3(24Hのうち8H分)を経費化できればよいなと考えております。

                      • 定年退職前の開業、必要経費で最後の一年の所得を圧縮

                        2023年3月に定年退職予定です。2023年4月からは個人事業主として収入が見込めます。 2023年に支払う住民税、国民健康保険税は、2022年の所得をベースとして計算されるため、今から心配です。 【ご質問】 2022年11月頃に個人事業主の開業届を提出し、青色申告したいと考えています。2022年中に、自宅オフィス用品(机等)を調達し、また、小規模企業共済や経営セーフティ共済に加入し、2023年分の小規模企業共済 84万円、経営セーフティ共済 200万円程度を2022年中に前納し、2023年の確定申告で、2022年の所得を減らしたいと思っています。なお、2022年11月に開業したとしても、2023年3月の退職までは売上は0の可能性があります。 このような状況で、2022年11月開業、小規模共済、経営セーフティ共済等の掛け金前納により、2022年の所得を圧縮することは可能でしょうか。ご教授頂けますと助かります。

                        • 節税対策

                          サラリーマンですが、確定申告をした方が節税対策になりますか?

                          • 決算前の節税対策&課税事業主とは

                            売上が1,000万円を超えると課税事業主になってしまうということで、初年度売上を950万円まででストップさせようかと考えています。 ① 4月決算(※3月ではなく)の場合4月30日までに振り込まれた売上が1,000万円を超えていなければ良いのでしょうか。それとも、売掛金も含むのでしょうか。 ② 初年度売上が1,000万超えなければ、2年目が超えたても、課税事業主でない初年度の分の消費税は永久に納めなくて良い認識であっていますでしょうか。 ③ そもそも決算のフローが分からないのですが、いつ頃何をすれば良いのでしょうか。freeeで帳簿は付けています。

                            • 2021年11月末に開業。2021年ぶんを確定申告すべきか?

                              2021年11月に帰国し、同月末に個人事業を開業しました。 2021年の収入は合計35万円なので所得税はかからない、よって確定申告も必要ないという理解です。 しかし2022年には500万円ほどの収入を見込んでおり、 2021年に開業準備にかかった費用(数十万円)を開業費として2022年に償却?することで節税したいと考えています。 https://www.freee.co.jp/kb/kb-kaigyou/deferred-asset/ この場合、この開業費は2022年ぶんの確定申告で2023年に初めて申告すればいいのでしょうか? 2021年ぶんのものとして、2022年に何か申告しておく必要はありますか?

                              • 益金不算入について

                                決算が終わり法人の確定申告書を提出後、最近になって益金不算入の事をネットで知りました。ですがイマイチよく分かりません。本当に税金が安くなりますか?

                              • 住宅取得税

                                住宅取得税を減らす方法があると聞いたのですが?

                                • 雑所得の節税対策についてお尋ねです。

                                  年収700万円の会社員です。会員制スカイプレミアム内のライオンプレミアム(GQFX)運用結果200万ほどあります。この場合、 1、ふるさと納税分は700万+200万=900万で計算してもよろしいのでしょうか? 2、確定申告する際にスカイプレミアムの会員費用の月に5500円×12ヶ月分を必要経費として認められるのでしょうか?他に節税対策があれば御願いします。 3、現段階では確定していないのですが合計が900万を越えてしまった場合は33%の税率で計算されるのでしょうか? 宜しくお願いします。

                                  • ベビーシッターです。節税対策でできることがあれば知りたいです。

                                    今年度よりベビーシッターをはじめました。 こんなものも経費になるという情報など、節税になることが知りたいです。 また自宅の一部を事務所として利用、スマホパソコンの通信費なども経費に入れたいのですがいまいち計算の仕方がわかりません。

                                    • 一般口座と特定口座の確定申告について

                                      日本とアメリカ株を一般口座と特定口座両方持っております。 特定口座での日本、アメリカ株の 損益金額合計が60万程、 配当金が25万円程出ました。 譲渡益税徴収額12万と、 配当所得税徴収額が5万かかる予定です。 ①一般口座で損失の大きな株を売却したら、 上記の税金はかからないのでしょうか? ②売却する時は、利益分合計額相当(17万円)で税金0になるのでしょうか? ③ ①の場合確定申告でどの様な手順を踏めば良いのでしょうか? ④ ①の場合配当控除は受けられるのでしょうか? どうぞ宜しくお願い申し上げます。

                                      • 経営セーフティ共済の控除について

                                        個人事業主で事業は利益なし、 株やFXで2000万円利益が出ました。 経営セーフティ共済や小規模企業、ふるさ納税の控除は、株やFXの利益から控除されるのでしょうか?

                                        1~20件 / 124件