1. 税理士TOP
  2. 税理士相談Q&A
  3. 確定申告
  4. 事業収入のマイナスと申告分離課税のプラスについて

事業収入のマイナスと申告分離課税のプラスについて

個人事業主で事業の利益はマイナスになりそうです。

株とFXでは大きなプラスが出ました。
白色申告です。

法人役員の方で社会保険等は支払っています。

Q.)
確定申告では
個人事業のマイナスが大きければ大きいほど、
トータルで税金等は安くなるのでしょうか?

いくらマイナスが大きくても、
白色申告で繰り返しができず、
申告分離課税で何も変わらないのでしょうか?

アドバイスお願いします。

【全国対応・クラウド特化の総合事務所】熊澤会計事務所(熊澤社会保険労務士事務所)

【全国対応・クラウド特化の総合事務所】熊澤会計事務所(熊澤社会保険労務士事務所)

  • 認定アドバイザー評価ランク3
  • 愛知県

税理士(登録番号: 41915), 社労士(登録番号: 23020002), 行政書士(登録番号: 16190582)

こんにちは
熊澤会計事務所が回答させていただきます。
何も変わりません。
正確にいうと、
例えば、法人役員の給与所得が100万円あり、白色事業の赤字が△100万あると両者を合算した所得は0円になりますので、この場合給与所得の税金がかからないことから「他の総合所得が0円になるまでは減税効果はある」ということになります。
しかし、同じケースで白色事業の赤字が△1000万であろうが△1億であろうが、上記と同様、両者を合算した所得は0円なので、△100万円の場合と税金はビタ一文変わりません。
分離課税は「分離」されていて、配偶者控除などの所得控除以外では全く手が出せない所得なのです。
よって、質問者様が法人役員であれば小規模共済などの所得控除を積み上げると分離課税からも若干税金を取り戻すことは可能なので、当事務所では、質問者様のような方については、idecoや小規模共済の加入をご提案させていただいております。
______________________________
【税務、会計、決算、税務顧問】
熊澤会計事務所
【労務、社会保険、助成金、労務顧問】
熊澤社会保険労務士事務所
【建設業、産廃、運送業など各種許認可】
熊澤行政書士事務所
e-mailアドレス:samurai@kumaz.net
Chatwork ID:kumaz
HP:http://tax-kumazawa.com/
所在:〒451-0042 名古屋市西区那古野1-14-18那古野ビル北館119号
________________________________________________________

  • 回答日:2021/12/29
  • この回答が役にたった:0
  • この回答が役にたった

必須

あと

必須

質問投稿者以外は返信できません。メールアドレスは質問者の確認のみに利⽤します。

質問への回答を投稿してください

あと

タグ指定・タグ変更

タグのみ変更する場合は変更するタグを選択し、投稿内容は何も書かずに「投稿する」ボタンを押してください。

freee