1. 税理士TOP
  2. 税理士相談Q&A
  3. 税金・お金
  4. 勤労学生控除を利用した際の親にかかる税金について

勤労学生控除を利用した際の親にかかる税金について

現在、勤労学生としてアルバイトをしています。勤労学生は130万円まで本人に所得税がかからない(103万以上は扶養から外れる)ことを知りました。その際私の所得に比例して親の税金が増えるのかお聞きしたいです。
例として、A君とB君がいます。A君の所得が105万、B君は127万です。親の所得が同じ場合、それぞれの親にかかる税金は同じなのか、それともB君の親にかかる税金が増えるのかを知りたいです。

スタートアップ税理士法人/社会保険労務士法人/司法書士法人

スタートアップ税理士法人/社会保険労務士法人/司法書士法人

  • 認定アドバイザー評価ランク5
  • 東京都

税理士(登録番号: 125734), 社労士(登録番号: 13170062), その他

ご質問ありがとうございます。
ご質問の所得金額=給与額面という前提でお話しさせて頂きます。
A君とB君共に扶養控除の所得要件である103万円を超えているため、親の扶養控除の対象外となります。
そのため、A君とB君の親に掛かる税金に差が出ることはございません。
(扶養控除 国税庁)
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1180.htm
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スタートアップ税理士法人
スタートアップ社会保険労務士法人

◆メールでのお問い合わせ
 freee_ans@tax-startup.com
 (メールは新宿、横浜共通です。)

◆お電話でのお問い合わせ
 新宿本社
 東京都新宿区新宿 4-3-17 FORECAST 新宿 SOUTH 7 階  
 Tel :03-6274-8004

 横浜支店
 神奈川県横浜市西区北幸 2-3-19 成和ビル4F 
 Tel :045-577-3751

◆チャットワークでのお問い合わせ
 チャットワークID 
 startup99

◆LINEでのお問い合わせ
 https://lin.ee/YL0RG6D

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • 回答日:2021/09/03
  • この回答が役にたった:2
  • この回答が役にたった

必須

あと

必須

質問投稿者以外は返信できません。メールアドレスは質問者の確認のみに利⽤します。

荒井会計事務所

荒井会計事務所

  • 認定アドバイザー評価ランク5
  • 群馬県

税理士(登録番号: 63578), 公認会計士(登録番号: 35025), 社労士(登録番号: 13120156), 行政書士(登録番号: 16140764), 中小企業診断士(登録番号: 421403)

はじめまして。
扶養控除は、給与収入のみの場合103万円以下であれば所得が48万円以下である必要があります(他の要件は、以下「扶養控除」リンクを参照ください)
今回のご質問は、勤労学生として扶養外れた場合に、その金額に応じて扶養者への税額の増加があるかについては、原理原則的には影響を与えないと考えられます。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1180.htm
(扶養控除 国税庁)

原則的にはと回答しましたが、ご本人が社会保険加入の要件を満たした場合yや同一の生計ではなくなるなどの理由で親の所得控除(親が負担する子どもの社会保険料控除など)に変動がある場合には、親の所得控除が減少しますので、結果として親の税額が増えることがあります。

  • 回答日:2021/09/02
  • この回答が役にたった:2
  • この回答が役にたった

必須

あと

必須

質問投稿者以外は返信できません。メールアドレスは質問者の確認のみに利⽤します。

税理士法人ディレクション

税理士法人ディレクション

  • 認定アドバイザー評価ランク4
  • 大阪府

税理士, 公認会計士

A君とB君は所得要件以外の扶養控除の要件を満たしている+その年12月31日現在の年齢が19歳以上23歳未満である+ご質問の所得=給与額面である前提でお話します。

扶養控除の所得要件は給与が103万円以下であることが要件となっています(お子様が勤労学生控除の対象となっていても扶養控除の所得要件は103万円以下です)。従って、ご質問の場合にはA君もB君も給与が103万円超のため親の扶養控除の対象外となりA君の親もB君の親も税金に差はでません。
※ご質問の意図は扶養控除の有無による税金の差のような気がいたしますので、仮にA君の給与が103万円の場合にどうなるかを以下ご説明します。
この場合には、A君は扶養控除の対象となるためA君の親の所得計算上63万円の扶養控除が適用できますので63万円×所得税及び住民税分だけA君の親の方がB君の親よりも税金が少なくなります。

  • 回答日:2021/09/02
  • この回答が役にたった:1
  • この回答が役にたった

必須

あと

必須

質問投稿者以外は返信できません。メールアドレスは質問者の確認のみに利⽤します。

スタートアップ税理士法人/社会保険労務士法人/司法書士法人

スタートアップ税理士法人/社会保険労務士法人/司法書士法人

  • 認定アドバイザー評価ランク5
  • 東京都

税理士(登録番号: 125734), 社労士(登録番号: 13170062), その他

ご質問ありがとうございます。
ご質問の所得金額=給与額面という前提でお話しさせて頂きます。
A君とB君共に扶養控除の所得要件である103万円を超えているため、親の扶養控除の対象外となります。
そのため、A君とB君の親に掛かる税金に差が出ることはございません。
(扶養控除 国税庁)
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1180.htm
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スタートアップ税理士法人
スタートアップ社会保険労務士法人

◆メールでのお問い合わせ
 freee_ans@tax-startup.com
 (メールは新宿、横浜共通です。)

◆お電話でのお問い合わせ
 新宿本社
 東京都新宿区新宿 4-3-17 FORECAST 新宿 SOUTH 7 階  
 Tel :03-6274-8004

 横浜支店
 神奈川県横浜市西区北幸 2-3-19 成和ビル4F 
 Tel :045-577-3751

◆チャットワークでのお問い合わせ
 チャットワークID 
 startup99

◆LINEでのお問い合わせ
 https://lin.ee/YL0RG6D

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • 回答日:2021/09/03
  • この回答が役にたった:0
  • この回答が役にたった

必須

あと

必須

質問投稿者以外は返信できません。メールアドレスは質問者の確認のみに利⽤します。

質問への回答を投稿してください

あと

タグ指定・タグ変更

タグのみ変更する場合は変更するタグを選択し、投稿内容は何も書かずに「投稿する」ボタンを押してください。

freee