1. 税理士TOP
  2. 税理士相談Q&A
  3. 税金・お金
  4. 美術品の購入について。

美術品の購入について。

小さい頃から貯めてきたお年玉などを使って尊敬する画家さんに今回絵画を依頼することになりました。
金額にして210万円ほどになるかと思います。
かなり大きな買い物になるのは覚悟の上なのですが、これほど大きな買い物をするとなると税金関係でなにか気を付けた方がいいことはあるでしょうか?
お年玉は現金でずっと貯め続けていました。
作家さんとは仲介会社を通して、銀行振込という形になるのですが私は今特にバイトをしているわけでもなく扶養に入っている身でもありますし。
これだけの金額だとなにかおかしいと税務署に目をつけられるなどありますか?

田中あゆみ税理士事務所

田中あゆみ税理士事務所

  • 認定アドバイザー評価ランク1
  • 京都府

税理士(登録番号: 144173), その他

こんにちは、田中あゆみがご回答致します。
---------------------------------
購入時に何か税金が発生するということはありませんし、購入しただけで税務署に目をつけられるということはないでしょう。

売却時は貴金属や宝石、書画、骨とうなどの美術品で売却価額が単価30万円超のものは、譲渡所得として所得税課税されます。
単価30万円以下のものは生活に通常必要なものとして扱われ、所得税は非課税です。
以上ご参考になれば幸いです。

  • 回答日:2022/09/26
  • この回答が役にたった:0
  • この回答が役にたった

必須

あと

必須

質問投稿者以外は返信できません。メールアドレスは質問者の確認のみに利⽤します。

質問への回答を投稿してください

あと

タグ指定・タグ変更

タグのみ変更する場合は変更するタグを選択し、投稿内容は何も書かずに「投稿する」ボタンを押してください。

freee