決算期・事業年度|意味は?どのように決めるべき?

公開日:2019年12月16日
最終更新日:2019年12月16日

目次

  1. 決算期と事業年度
  2. 決算期の決め方
    • 繁忙期は避ける
    • 消費税の免税を活最大限生かす
    • 資金繰りを考える
  3. 定款と公告に事業年度・決算期は記載するか
    • 通常は定款には記載する
    • 公告も必要
  4. まとめ
    • 税理士をお探しの方

この記事のポイント

  • 業年度は、1年を超えなければ何カ月でも自由に決めてよい。
  • 消費税の免税メリットを最大限享受するために設立登記の日からできるだけ離れた月を決算期にするとよいこともある。
  • 繁忙期を避けて決算期を決めている会社もある。

 

法人の決算期は、自由に決めることができます。ほとんどの会社は設立日から1年後としていますが、会社に繁忙期がある時にはその時期を避けるなど、業種や自社の事情に応じて時期を変更することができます。

▶ 会社設立・起業に強い税理士を探す

決算期と事業年度

会社を設立した場合には、期間を区切って「いくら儲かったのか」「資本金がどれだけ増えたのか」「財産は会社にどれくらい残っているか」を計算する必要があります。
これを「決算」といい、区切った期間を「事業年度」といいます。

事業年度は「4月1日から3月31日まで」「1月1日から12月31日まで」などと決めます。事業年度は、1年を超えなければ何カ月でも自由に決めてよいことになっていますが、1事業年度を12カ月にして月末を決算日にするのが一般的です。
そして、この3月、12月のような「最後の月」を決算期または決算月といいます。

▶ 会社設立・起業に強い税理士を探す

決算期の決め方

よく「3月決算」「12月決算」といわれることから、決算月は3月か12月であると思っている人も多くいますが、中小企業の場合には、特に3月決算や12月決算にこだわる必要はありません。決算には多くの時間をとられるものなので、繁忙期を避けて決めるのがおすすめです。事業の内容によっては、年間のうち特定の月がとても忙しいという場合もあるでしょう。そういう場合には、その時期を避けて決算期を決めていることもあります。

また、資本金が1,000万円未満の会社であれば消費税は免税されるので、消費税の免税メリットを最大限享受するために設立登記の日からできるだけ離れた月を決算期にするといったことも検討しましょう。

繁忙期は避ける

会社を設立したら、決算は1年に1度は必ず行わなければならないイベントのようなものです。また、決算期から2カ月以内に税務申告を行う必要があるので、繁忙期に決算を迎えてしまうと、書類の整理や棚卸などの決算準備が繁忙期に重なって大変なことになってしまいます。
さらに、繁忙期が決算期だと利益の予測が立てにくく、予想外に利益が増えて納税額が増えたり、逆に利益が予想外に低く納税額が減ったりということがあり得ます。
そうなると、事前に節税対策を行う余裕もありませんし、利益の回復を図る余裕もありません。
したがって、決算期から2カ月は繁忙期とかぶらないようにするのがおすすめです。

中小企業の決算期は1月から12月までバラバラですが、強いて言えば、3月、6月、9月、12月が多いようです。
なかには「顧問税理士の繁忙期を避けて、じっくり節税対策をしたい」という観点から、決算期を決める経営者もいるようです。

消費税の免税を活最大限生かす

会社の設立時の資本金が1,000万円未満の株式会社は、原則として設立してから2期目までの消費税の納付が免税されます。この免税期間をなるべく長くするためには、設立登記の日からできるだけ離れた月を決算期にします。

たとえば、6月8日に設立した法人であれば、5月を決算期にすれば1年目は6月8日~5月31日となりますので、2年目は6月1日~5月31日までの24カ月が免税期間となります。

もし、この法人が7月を決算期とすると、1年目は6月10日から7月31日まで、2年目は8月1日から7月31日までとなり、14カ月が免税期間となりますので、24カ月-14カ月で10カ月も損をしてしまうことになります。

ただし、事業年度を長くとれば必ず得をするというわけでもありません。
第2期目の消費税を納めるべきか否かは、設立当初6カ月間の売上と給与のいずれかが1,000万円以下か否かで判断されます。
つまり、いずれか1,000万円以下であれば、第2期も消費税はかかりません。
ただし、いずれも1,000万円を超えたとしても、第1期が7カ月以下であれば、第2期は消費税がかかりません。

したがって、売上か給与のいずれかが1,000万円以下であると予想される場合には、第1期は長くとった方がお得であり、1,000万円を超えると予想される場合には、第1期を7カ月以下とした方が有利になるということになります。

資金繰りを考える

決算期を決める際には、会社の資金繰りから考え、税金を納める時期(決算期松より2カ月後)に会社の資金が潤沢になっているよう意識することも大切です
たとえば、5月末を決算期末とすると、7月末には法人税や地方税、消費税といった税金を納めなければなりません。赤字であっても法人地方税の均等割は避けられないですし、消費税の課税事業者になれば、損益関係なく消費税を納めなければならなくなる可能性もあります。また、決算報酬として月々の顧問料とは別に税理士に顧問料の数か月分の決算報酬を支払うこともあります。

なお、決算以外でも、労働保険料の支払いは7月(分割納付する時には7月、10月、1月)ですし、半年分の源泉所得税の支払いがあるのは7月と1月です。

したがって、これらの事情も加味しながら、7月の納税に対応できるような資金計画を立てておくようにしましょう。

▶ 会社設立・起業に強い税理士を探す

定款と公告に事業年度・決算期は記載するか

会社を設立する際には、定款を作成しなければなりません。
定款には、定款に記載すべき事項は、「絶対的記載事項」「相対的記載事項」「任意的記載事項」の3つに分けられています。
事業年度は、任意的記載事項なので、必ず定款に記載しなければならないというわけではありません。

通常は定款には記載する

事業年度は、任意的記載事項なので、定款に必ず記載しなければならないというわけではありませんが、税務署に対する「会社の決算期の意思表示を行う」という意味で、事業年度を記載するのが通常です。

公告も必要

国や公共団体、会社が広く一般に対して知らせることを公告といいます。
株式会社においては、事業年度ごとの決算のほか、会社が合併する場合や資本金を減少する場合には、必ず公告をしなければならないことになっています。

公告の方法は、①官報に公告する方法、②時事に関する事項を掲載する日刊新聞紙に掲載する方法、③電子公告の3つの方法がありますが、費用が一番安いのは、①官報に公告する方法で、利害関係者の数が少ない中
小企業の多くは、①の方法で公告を行っています。

▶ 会社設立・起業に強い税理士を探す

まとめ

以上、決算期や事業年度の意味や決める際に注意すべきポイントなどについてご紹介しました。
決算期や事業年度を決める際には、繁忙期を避けること、消費税の免税のメリットを最大限生かすことに配慮する必要があります。また、税金は決算後の2カ月以内に納めなければなりませんので、年間の資金繰りも考えるようにしましょう。

なお、会社設立後に「急に利益が出ることになった」という時には、決算期を変更することで節税することができます。

決算を税理士に依頼している場合には、一時的に税理士への報酬が増えることになりますが、長い目で見れば経営状況を予測しやすい流れに変えることができるので、大きなメリットがあります。

税金面や繁忙期、資金繰りの面など、さまざまな観点から考えると、決算期や事業年度をいつにするかは、会社を経営するうえで非常に大切なポイントとなります。
税理士に相談して慎重に判断をするようにしましょう。

税理士をお探しの方

税理士検索freeeでは2,000以上の事務所の中から事業年度や決算期の決め方、会社設立に必要な手続きについて相談できる税理士を検索することができます。
また、コーディネーターによる「税理士紹介サービス」もあるので併せてご利用ください。

税理士の報酬は事務所によって違いますので、「税理士の費用・報酬相場と顧問料まとめ」で、税理士選びの金額の参考にしていただければと思います。
会社設立・起業に強い税理士を探す

普通法人設立(株式/合同/合資など)にノウハウを持つ税理士を探す

地域から普通法人設立(株式/合同/合資など)に実績がある税理士を探す

より細かいカテゴリから税理士を探す

人気記事

タグ一覧

業種

その他

PageTop