個人事業主の青色申告決算書とは(収支内訳書との違い)

公開日:2019年12月25日
最終更新日:2022年11月09日

この記事のポイント

  • 青色申告決算書とは、確定申告を青色申告で行う際に必要となる書類。
  • 白色申告の時に必要となるのは、「収支内訳書」。
  • 青色申告の方がさまざまな税制上の特典があり、税負担を軽減させることができる。

 

個人事業主は、基本的に確定申告をしなければなりません。
確定申告とは所得税を納めるために必要な手続きで、個人事業主の場合は、サラリーマンと違って自分で税額を計算して納税手続きを行います。
確定申告には青色申告と白色申告がありますが、青色申告決算書とは、青色申告を行なう時に確定申告書と一緒に提出をする書類です。

青色申告決算書とは

青色申告決算書とは、確定申告を青色申告で行う際に必要となる書類です。
個人事業主などの事業者の所得は、収入金額からその収入を得るためにかかった必要経費を差し引いて計算することになります。

青色申告とは
事業を行っている人であれば、できるだけ収入を多くして納める税金は少なくしたいと思うのは当然です。納める税金を少なくする節税対策の第一歩が「青色申告」です。
青色申告の場合、白色申告では認められない支出を必要経費とすることができるなど、さまざまな特典があります。

青色申告のメリットはたくさんあり、細かいものも含めれば50以上あると言われています。

(1)青色申告決算書と収支内訳書との違い

前述したとおり、確定申告には青色申告と白色申告がありますが、青色申告の時に必要となるのが「青色申告決算書」で、白色申告の時に必要となるのが「収支内訳書」です。
どちらも収入や売上原価、経費の内訳などを記載するものですが、収支内訳書は青色申告決算書と比較すると、記載する項目も少なく簡単に作成することができます。

収支内訳書
青色申告決算書

(2)青色申告決算書の入手方法

青色申告決算書は、その年度の11月~12月上旬ころ、確定申告書は1月中旬頃に税務署から郵送されてきますが、税務署で入手することもできますし国税庁のホームページからダウンロードすることもできます。
個人事業主は事業所得なので「一般用」を使用します。

(3)青色申告決算書は4ページある

青色申告決算書は4ページ構成になっています。
1ページ目は損益計算書、2ページ目、3ページ目が損益計算書の内訳、4ページ目は貸借対照表です。
損益計算書には、収入、経費、利益の3つが記載されています。
貸借対照表は、決算時点の財政状況をあらわします。

(4)会計ソフトなら自動作成できる

青色申告の方が、さまざまな税制上の特典があり、これらの特典を常時に利用すれば、かなり税負担を軽減させることができます。
したがって、個人事業主など毎年継続して確定申告を行なう人は青色申告をした方が、節税対策になります。

青色申告では、複式簿記形式で帳簿を作成し、青色申告決算書を完成させて確定申告をしなければなりませんが、「クラウド会計ソフト freee会計」を使えば難解な複式簿記の帳簿作成もスムーズに行うことができます。
さらに、ネットバンキングやクレジットカードと連携させれば、日々の記帳作業はほぼ自動化させることができ、青色申告決算書や確定申告書も簡単に作成することができますので、ぜひ挑戦してみてください。

▶ クラウド会計ソフト freee会計「青色申告決算書とは」

(5)青色申告決算書が完成したら確定申告

青色申告決算書が完成したら、納める税額を計算するために確定申告書を作成します。
確定申告書は、「クラウド会計ソフト freee会計」で自動作成することができますし、国税庁のホームページからインターネットを通じて行うこともできます。
提出期限は2月16日から3月15日(土日の関係で、1~2日ずれる場合があります)です。提出が1日でも遅れると、青色申告特別控除額が減ってしまいますので、注意しましょう。

青色申告決算書の記載ポイント

青色申告決算書は、4ページで構成されています。
すべての欄に記載する必要はなく、当てはまる部分だけ書けばよいことになっています。
2ページ目、3ページ目から書き始め、その作成が終わったら1ページ目の損益計算書に転記し、最後に4ページ目の貸借対照表に進むと、記載しやすいでしょう。

(1)青色申告決算書①「損益計算書」

青色申告決算書1ページ目「損益計算書」

1ページは損益計算書です。
1年間の所得金額の集計のための一覧表です。
売上高(本業で獲得した収益)、経費などが分かるようになっています。

①事業者の住所、氏名、連絡先など
税務署から送付される場合には、事業を行っている住所や事業を行っている人の氏名が印字されています。
誤りがないか、内容を確認しましょう。

②売上金額・売上原価
売上に関する数字です。「売上(収入)金額」は、一年間の総収入であり、2ページ目「月別売上(収入)金額及び仕入金額」の「売上(収入)金額」の計の金額を記載します。
「仕入金額」は「月別売上(収入)金額及び仕入金額」の「仕入金額」の計の金額を記載します。

③経費
経費を記載します。
勘定科目の名前が書かれていますので、決算整理後の経費を勘定科目ごとに転記します。
減価償却費については、3ページ目「減価償却費の計算」の「(リ)本年分の必要経費算入額」の計の金額を記載します。

④各種引当金・準備金等
繰戻額等の「貸倒引当金」の部分には、前年に計上して今年回収した貸倒引当金の額を記載します。
貸倒引当金とは、取り立てができないなど将来の損失を見込んで経費として計上するものです。
繰入額等の「貸倒引当金」の部分には、2ページ目「貸倒引当金繰入額の計算」で計算した、今年新たに計上する貸倒引当金の額を記載します。
「専従者給与」には、事前に届出を出した事業専従者に支払った給与を記載します。

⑤青色申告特別控除額
複式簿記で帳簿を作成した方は、「青色申告特別控除額」に65万円(※令和2年分より、今までの65万円の青色申告特別控除の適用要件に加えてe-Taxによる申告(電子申告)または電子帳簿保存を行うことが必要)と記載します。

(2)青色申告決算書②「月ごとの売上・仕入など」

青色申告決算書2ページ目「損益計算書の内訳(売上・仕入など)」

2ページ目は、損益計算書に記載する金額のうち、「売上」「仕入」「給料賃金」「専従者給与」「青色申告特別控除」「貸倒引当金」の項目の内訳を記載します。

① 月別売上(収入)金額及び仕入金額
月別の売上金額と仕入金額を記載します。それぞれの合計額は、1ページ目の「売上(収入)金額」と「仕入金額」の欄に記載することになります。

②貸倒引当金繰入額の計算
貸倒引当金に計上した金額を計算します。合計額は1ページ目の繰入額等の「貸倒引当金」に記載します。

③給与賃金の内訳
従業員がいる場合には給与の詳細を書きます。記載するのは、月々の給与の合計と賞与、源泉徴収額です。
合計値は、1ページ目の「給料賃金」に記載します。

④専従者給与の内訳
通常の従業員とは分けて、青色事業専従者(家族)の給与をここに記載します。1ページ目の「専従者給与」にも記載します。
※青色事業専従者の給与を経費に算入するには、事前に届出が必要です。

⑤青色申告特別控除額の計算
65万円控除を受ける場合は、「青色申告特別控除額」の欄に65万円と記載します。

(3)青色申告決算書③「減価償却費、地代など」

青色申告決算書3ージ目「損益計算書の内訳(減価償却費、地代など)」

3ページ目は、2ページ目と同様に損益計算書の内訳となります。
「減価償却費」「税理士報酬等」「特殊事情」の項目の内訳を記載します。

①減価償却費の計算
減価償却の計算の詳細を記載します。
定額法の場合は、取得価額と同じ額を記載します。

②利子割引料の内訳
知人や会社からの借入金等があれば、その内容と利子を記載します。
金融機関からの借入れや車のローンは記載しません。

③地代家賃の内訳
家賃や駐車場料金などについて記載します。プライベートと兼用の場合は按分割合を明記します。

④税理士・弁護士等の報酬・料金の内訳
税理士や弁護士に支払った報酬を記載します。
顧問料などの支払いがあった場合には、報酬、料金、源泉徴収税額を記載します。

⑤本年中における特殊事情
「開業年のため備品を多めに購入した」など特別な支出があった場合などに記載します。
経費の金額が大きく増えていたり、いわゆる「儲け」の割合である粗利益率(売上から売上原価を引いた利益の金額÷売上高)が大きく変動したなどの変化が見つかったりしたら、その理由を記載します。
※税務署に不審に思われないようにするための、通信欄です。

(4)青色申告決算書④「貸借対照表」

青色申告決算書4ージ目「貸借対照表」

4ページ目は、貸借対照表です。期首(1月1日もしくは事業開始日)および期末(12月31日もしくは廃業日)の財産の内訳を記載します。

①資産の部
この欄は資産の部といい、自分の事業の資産の状況を記載します。
現金や預金、固定資産、売掛金など、決算時に個人事業主が持つ資産が記載します。原則として現金化しやすい順に並びます。
「棚卸資産」が1ページ目「売上原価」の「期末商品(製品)棚卸高」と対応しているかを確認しておきましょう。

②負債・資本の部
事業を行うために、どのような方法でいくらお金を調達したかが記載されます。よそから借りてくれば「負債」、自己資金なら「資本(元入金)」です。
買掛金など支払義務があってまだ支払っていないお金も記載します。

「資産の部」(左側)と「負債・資本の部」(右側)の合計は必ず一致させます。
一致しない場合は、差額を「事業主貸」あるいは「事業主借」と処理して一致させます。

③製造原価の計算
製造業の場合だけ、この欄を使います。
原材料を仕入れ、加工して販売する製造業では、原価計算を行わなければなりません。

まとめ

以上、青色申告決算書についてご紹介しました。
青色申告決算書は、1年間の収支をとりまとめ、償却資産の耐用年数を確認しなければならないなど、面倒な作業が多くありますが、「クラウド会計ソフト freee会計」なら、面倒な1年分の経費の入力も、銀行口座やクレジットカードを同期すれば自動で入力できるうえに、青色申告決算書もほぼ自動で作成することができます。不明点等は、コーディネーターによる「税理士紹介サービス」を活用して、税理士に相談することもできます。

青色申告決算書について相談する

freee税理士検索では数多くの事務所の中から、青色申告決算書の作成について相談できる税理士を検索することができます。
また、コーディネーターによる「税理士紹介サービス」もあるので併せてご利用ください。

税理士の報酬は事務所によって違いますので、「税理士の費用・報酬相場と顧問料まとめ」で、税理士選びの金額の参考にしていただければと思います。

青色申告決算書について相談できる税理士をさがす

この記事の監修者:アトラス総合事務所

監修者

アトラス総合事務所

会計・税務・労務・法務の専門家集団が、会社・個人事業をトータルでサポートいたします!

個人事業主の所得税は、1年間の利益を確定してから税務署に申告します。つまり、自分で税額を計算して確定して税務署に申告し、納税しなければなりません。個人事業主の確定申告には、白色申告と青色申告があり、青色申告では、複式簿記で帳簿づけを行い、青色申告決算書を作成する必要がありますが、青色申告の方が節税につながる特例が多く設けられているので、ぜひ青色申告を選択しましょう。
青色申告は、白色申告よりある程度の手間はかかりますが、その手間をはるかに上回るメリットが、青色申告にはあります。
さらに「クラウド会計ソフト freee会計」を活用すれば、白色申告も青色申告も手間はそれほど変わらなくなります。またクラウド会計ソフト freee会計では、税理士と同時に同じデータを見ながら打ち合わせすることができますので、問題があればすぐに指摘してもらうこともできますし、タイムリーな節税対策の提案を受けることも可能となります。
アトラス総合事務所は、「常にお客様のために最善を尽くす」をモットーに、個人事業主の皆様の確定申告はもちろん、会計ソフトの導入支援から活用、経理の自計化、節税対策、融資のご相談など幅広くサポートを行っております。

・社会保険料控除とは?年末調整で必要な作業と計算方法を解説
・寄附金控除(所得控除)と寄附金特別控除(税額控除)
・個人事業税はいつから納める?計算方法は?仕訳方法は?
・発注書・注文書とは|発行する理由・作成ルール(テンプレート付き)
・適格請求書とは|発行事業者、登録申請書とは
・適格請求書発行事業者|登録申請は?メリットは?
・流動資産とは|貸借対照表での見方・分析方法
・損益計算書の勘定科目一覧
・委託販売のしくみ・会計処理・仕訳例をわかりやすく
・繰延税金資産の基礎知識|回収可能性とは?必要な仕訳は?
・固定資産売却益(損)とは|求め方・勘定科目
・相続税非課税|限度額は?相続税非課税財産とは
・家(マイホーム)を売却した時の税金・特例・確定申告の方法
・確定申告書Bの書き方を解説!確定申告書AとBの違いも
・繰延資産|意味と種類、償却方法と仕訳例【まとめ】
・現金過不足の処理|勘定科目や仕訳例をわかりやすく
・社宅を経費にして節税する方法
・個人の税務調査(令和2年度調査)|対象になった時の対処法と対策
・見積書とは|発行する理由・作成ルール(テンプレート付き)
・固定資産とは|流動資産との違い・減価償却の方法
・損金算入とは|費用との違い・要件をわかりやすく
・決算期・事業年度|意味は?どのように決めるべき?
・税金が安くなる「税額控除」|所得控除との違いは?節税効果は?
・個人事業主の経費|よく使う勘定科目一覧と仕訳ルール
・事業所得とは|雑所得との違い・税額計算・確定申告の方法まとめ
・一人会社の設立|手続きは?社会保険はどうすべき?
・確定申告が必要な対象者とは?
・販売促進費とは|広告宣伝費との違いとは(仕訳例付き)
・個人事業主の青色申告決算書とは(収支内訳書との違い)
・雑収入とは|仕訳例や消費税について紹介
・リバースチャージ方式とは|インボイスでどう変わる?
・流動比率|意味・計算方法・判断する際のポイント
・電子インボイス制度とスケジュールをわかりやすく
・改正電子帳簿保存法|対処法をわかりやすく解説
・仮想通貨(ビットコイン)にかかる税金と確定申告
・小規模宅地等の特例とは|要件・意味を分かりやすく
・免税事業者からの仕入れ|インボイス制度でどう変わるか
・資本金1億円以下の会社の8つのメリット
・税務調査とは|対象となるのはどんな会社?
・資本金とは?|意味・目的・税金から資本金額の決め方を徹底検証

アトラス総合事務所の監修記事

クラウド会計ソフト freee会計



クラウド会計ソフト freee会計



クラウド会計ソフト freee会計なら会計帳簿作成はもちろん、日々の経理業務から経営状況の把握まで効率的に行なうことができます。ぜひお試しください!




個人確定申告にノウハウを持つ税理士を探す

地域から税理士を探す

人気記事

タグ一覧

業種

法人格

その他

PageTop
[無料]税理士紹介を依頼