確定申告の質問一覧

  1. 税理士TOP
  2. 税理士相談Q&A
  3. 質問一覧
  4. 確定申告の質問一覧

4157件中1381-1400件を表示

  • 物価高対策の定額減税について

    物価高対策の定額減税について、過去にも類似した減税策が取られたことがあるという報道ですが、一般的・原則的に、こうした定額減税は、期限内に申告しなければ適用されないのでしょうか? 期限後申告でも対象年度の所得であれば減税適用されるものですか?

    • 過年度の上場株式譲渡で生じた損失の繰り越しについて

      過年度(2018年度から2022年度)で生じた上場株式譲渡の損失を繰り越し、本年度の利益と相殺し還付を受けたく存じます。 必要な手続き、書類等をご教授いただければ幸いです。 なお、過年度(2018年度から2022年度)の確定申告は行っておりません。 特に、2021年度の損失金額が大きく、過年度繰り越し処理を行いたく存じます。 何卒よろしくお願い申し上げます。

      • アルバイトと業務委託の学生

        所得税・住民税について質問です。 私は大学生で扶養に入っていて①アルバイトと②業務委託をしています。 合計所得は(①の収入-55万円)+(②の収入-経費) 合計所得が48万円を超えた場合 ・所得税・住民税がかかる ・確定申告が必要 ・扶養から外れる 合計所得が45万円〜48万円の場合 ・住民税がかかる ・確定申告は不要だが住民税の申告が必要 合計所得が45万円以下の場合 ・各種申請は不要 ※住民税の基準が45万円であることは確認しました ⑴ 上の認識はあっていますか? ⑵ 20万円ルールなどは適用されないですか? ⑶ ①で徴収されている所得税は、年末調整or確定申告で取り戻せば良いですか? 無知なものですみません。よろしくお願いします。

        • 簡易課税の届出タイミングについて

          今年インボイス制度で課税事業者になった個人事業主です。 去年(2022年)の売上が1000万をこえているのですが、来年の2024年1月~12月の間に簡易課税の届け出を出せば、 2025年の3月に行う令和6年度(2024年度)の確定申告では、簡易課税を採用できるという理解で合っているでしょうか?

          • freeeにある消費税申告書という機能について

            freeeにある消費税申告書という機能は、どういうときに使うのでしょうか? 課税事業者で、消費税の計算が2割特例や簡易課税ではなく、その都度計算が必要な人などが使うのでしょうか?

            • freeeの割戻しなどの消費税の計算方式について

              今年インボイス制度で課税事業者になった個人事業主です。 割戻しなどの消費税の計算方式は、どれがスタンダードでしょうか? 何を選んだらよいか分からず、悩んでいます。

              • freeeの設定(消費税の端数処理)について

                今年インボイス制度で課税事業者になった個人事業主です。 消費税の端数処理は、どのような設定にしたほうが特になるでしょうか? もしどれを選んでも特に変わらない場合は、何を選ぶべきでしょうか?スタンダードな選択が知りたいです。

                • freeeの設定について(税込経理か税抜経理か)

                  今年インボイス制度で課税事業者になった個人事業主です。 消費税の設定は、税込経理でも税抜経理でもどちらも課税所得は変わらないとのことで、どちらを選んでもいいみたいなのですが、 どちらのほうがスタンダードなのでしょうか?

                  • 開業年度の記帳/確定申告対象収入額と扶養控除について

                    3月まで学生で、9月に開業届を提出しました。開業以前から同様の仕事をしていて、1月以降の収入があります。確定申告対象額と、親の扶養控除について教えてください。 Q1.freeeの”初めての会計ガイド”に、「期中に開業した場合も1月1日〜12月31日が会計期間となりますが、実際に記帳するのは開業日以降からで構いません。」とありました。 確定申告対象収入額は、開業日以降稼働分でいいのでしょうか。 (1月以降分はすべて対象と思っていたので、9月以前分もfreeeに入力を始めていました。) 複数の契約先があり、A社(2月~)、B社(1月~)は支払い時に源泉徴収されていて、C社(4月~)からは年末調整を行うと連絡がありました。すでに納税もしていることになるので、記帳もやはり1月分から行うのがよいのでしょうか。その場合、1-3月のアルバイト(開業した仕事とは別の学生アルバイト)分も入れるのでしょうか。 Q2.1月以降のすべての収入額だと、扶養控除基準額を超えるため、会社員の親が、年末調整のタイミングで控除を外す手続きをしました。Q1.の回答が”確定申告対象額は開業後分でよい”の場合は、扶養控除基準額を超えません。その場合、扶養を外す必要はなかったのでしょうか。 学生アルバイトでも1年の収入が対象額を超えると扶養から外れるというのは聞いているため、このような場合はどうなるのか教えていただきたいです。 知識不足で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

                    • 太陽光発電のパワコン故障に対する保険料について

                      太陽光発電(売電用)のパワーコンディショナーが1台故障したため、損保保険を申請したところ、修繕費の一部の保険料支払いが完了しました。 保険料の勘定科目、及びfreeeの登録内容で入力する「課税売上〇%」などの項目でどれを選べば良いのかわかりません。ご教示頂きたくお願い致します。

                      • 確定申告の売上日を証明する書類について

                        フリーデザイナーをしているものです。 確定申告の際、売上日は納品した日とのこですが、それを証明する書類について知りたいです。 月でまとめた請求書を月末に発行することになっていますので、請求書の発行日は納品日とズレがあります。 納品書を作成しておらず、納品日がわかるのはメールのやりとりのみです。 この場合、もし税務調査などが入った際に、何をもって納品日を証明すれば宜しいでしょうか?

                        • 事業主貸・事業主借について

                          個人事業主を開業したばかりですが、勘定科目で質問があります。事業主貸や事業主借という勘定科目は税金計算に影響がないという理解でよろしいでしょうか?

                          • 副業で得たPaypal残高(ドル)を個人的な買い物に使用した場合の為替差損益

                            副業の報酬としてPaypalに振り込まれたドルを、プライベート(個人)用途でドルのまま支払いに使った場合、為替差損益を記帳する必要はあるのでしょうか? 以下のケースにて、仮に今日付け(レートは151円)で、日本の銀行口座に円で出金した場合の仕分けを教えていただきたいです。 ・振り込まれた報酬は100ドル(その時のレートが140円)=14,000円 ・日本円にして日本の銀行口座に出金する前に、ドルのまま個人用途で使ったのが20ドル(その時のレートが145円)=2,900円 今日付で日本円で出金すると、80ドル×151円=12,080円となります。この場合は、151円ー140円=11円→11円×80ドル=880円で、この880円を為替差損益として記帳すればよいのでしょうか? 税金について全くの無知で、ご迷惑をおかけしますがご教示いただけますと幸いです。よろしくお願い申し上げます。

                            • 別居の親の扶養について

                              親の支援負担が大きく扶養控除を受けられないかの相談をさせていただきます。 父80歳の年金収入は年間180万円でそれ以外の収入はありません。 最近認知症で要介護1の認定を受けました。また、身体障害者手帳を4級で持っています。 現在、私とは別居していますが、毎月仕送りと医療費の負担をしているため税務上の扶養に入れたいと考えています。 しかし、条件である所得48万円を約22万円ほど上回ります。 母はほぼ専業主婦で数年間働いただけなのでもらえる年金は年間60万円ほどです。 この所得48万円という条件は親が1人でも2人でも同じなのでしょうか?私の場合、両親2人で年金は収入は年間240万円になります。 よろしくお願いいたします。

                              • 今青色なんですが継続すべきか白色にした方がいいのか分かりません

                                今年の4月に個人事業主として青色開業届出したんですけど、特に収入はなく、10月からまた正社員で勤めはじめたので、青色ではなく白色に切り替えた方がいいのかの相談がしたいです。 ちなみに10月からは不動産なので、個人での確定申告もあります。 よろしくお願いします。

                                • 一人親方特殊な形態の場合の処理

                                  よろしくお願いします 現在個人事業主として土木建築をしています(自分が事業主で一人人Bさんを使っている) ちょっと複雑な関係なのですが、 おおもとのA社(大きい建設会社)に従業員として私とBが所属していて そこからお給料という形で私とBがもらっています(そこから社会保険料も天引きされている) ですが、そのA社からは、個人事業主として仕事を受けていて毎月請求をしています(仮に200万円とする) そのA者から実際に振り込まれるのは、200万円からお給料としてもらった分と天引きされた社会保険を引いた金額なのですが この場合の処理がイマイチ分かりません まず200万円を請求した段階では 売掛金/売上 200万円 でいいと思います で、A社から仮にお給料と社保合わせて50万円天引きされて150万円が入金になった場合 預金150万円/売掛金200万円 〇〇?50万円 この50万円の科目がわからないのです この50万円に関しては、自分の分は事業主貸、使っているBさんの分は外注費 などの処理で良いでしょうか

                                  • 店舗物件を壊すので立ち退く場合について

                                    よろしくお願いします、個人事業主です 現在店舗を借りて経営しています その物件のオーナーが、店舗物件が老朽化したため取り壊したいとのことでした なので立ち退きをしてほしいとのことで、〇〇◯万円を立ち退き料として払う とのことでした 調べてみたのですが、この場合は事業所得の雑収入ということでよいでしょうか

                                    • フリマサイトの売上金と確定申告について

                                      自分自身フリマサイトでパソコンパーツなどを購入し、飽きたら売ってまた別のものを購入する。といったようなことをしているのですが、これはなにか確定申告などをしないと行けないでしょうか? 売上金は売れるたびに銀行口座に引き出しています。

                                      • 所得税の更正の請求書・修正申告書について(個人年金保険料控除について)

                                        毎年確定申告しているのですが、個人年金控除を記載していなかったことが判明しました。 そこで、所得税の更正の請求書・修正申告書より、控除をしようと思っています。 いくつかの疑問が出てきたので、質問します。 その前に前提として、 ・過去五年分の控除証明書、源泉徴収書、確定申告書の控えは手元にある ・健康保険に入っており、年末調整時に健康保険分の控除証明書は会社に提出済み ・過去確定申告した際は年末調整で控除された分は記載しなくて良いと聞いているので生命保険料控除の欄は空欄で確定申告した ・会社員であり給与所得があるが、副業を行っているため確定申告している その上で質問します。 ・生命保険料控除の分は記載せずに、提出忘れの個人年金保険料控除の分だけを記載するだけで良いか ・その場合生命保険料控除はなかったことにならないか ・個人年金保険料控除(今回生命保険料控除として記載する金額)は所得税分の控除と住民税の控除を合計した額でよいか ・個人年金保険料控除の計算式は、他の保険(健康保険など)は考慮せず、個人年金保険料のみで計算すればよいか 以上の質問について解答よろしくお願いします。

                                        • 開業届を出す前の報酬

                                          専業主婦のまま2019年から毎年40万円の報酬をもらっていますが開業届を出していません。また、他に収入は一切なく源泉徴収もなしなので確定申告もしていません。 が、今年は50万〜60万ほどになりそうな上、来年はもっと収入が見込めるので、今年中に開業をして個人事業主になり今年は白色申告、来年は扶養を外れるくらい働いて青色申告をしようと思っています。 本来開業してから1ヶ月以内に届けを出さなければならない訳ですが、上記の通りなので、開業前の報酬の扱いでつまづいております。 ①11月中に開業した場合、1月〜10月までの報酬も記載しなければならないのでしょうか。 ②その場合の白色申告の仕訳?書き方?はどのようにしたらいいですか? ③そもそも確定申告する予定もなかったので帳簿付など一切していません。経費なども計算していないので0にし、報酬だけ(事業収入)記載する白色申告でも問題ありませんか? 内職程度で気軽にやっていた 本業にしようと思っていなかった 節税などを考えなくても良い収入だった そもそもこの仕事で稼げる見込みを感じていなかった などの理由により帳簿付や開業届けを出しておりませんでした。なので節税などをできなくても自業自得なので、そこは気にしておりません。お恥ずかしいかぎりです…。