唐澤ルミ税理士事務所が回答した質問一覧

  1. 税理士TOP
  2. 税理士相談Q&A
  3. 質問一覧
  4. 唐澤ルミ税理士事務所が回答した質問一覧
回答者について詳しく見る >

1126件中81-100件を表示

  • fxの年間収支がマイナスの時の経費

    例えば、年間のfxの収支がマイナス200万のとき、パソコン代や書籍などその他経費で20万の場合、2つを足した220万で損失繰越ができるのでしょうか。 それとも収支がマイナスの際は経費は落とせず200万での損失繰越となるのでしょうか。 よろしくお願いします。

    • 高額医療費の還付金について

      法人の銀行口座に従業員の高額医療費の還付金が振り込まれた。 その銀行口座からではなく、手元現金から従業員に支払いをした。 上記の仕訳をどのようにすれば処理したらよいかの回答をお願いします。

      • ソフトウェアに含める人件費について

        ソフトウェア開発を営んでいる合同会社になります。役員1人のみの会社になります。ソフトウェア開発にかかる人件費や諸経費はソフトウェアとして計上し、減価償却するという記事を読みました。その場合、役員報酬も対象になりますでしょうか。よろしくお願いいたします。

        • 保険返戻金と確定申告

          御教示願いたいことがあります。 当方フリーランス、年収売り上げ1200万あります。 今年、生命保険の解約返戻金が110万ほどありました。 ただ、累積払い込み金額を引くと、利益はありません。 この場合、所得税がかからないのは知っているのですが、確定申告をする場合、 一時所得として110万を記入する必要があるのか、それとも課税対象ではないので、 110万円の収入はあったけれども申告書に記入しなくていいのかが分かりません。 通帳には加算されているので、記入しなくていい場合には、どういう辻褄にしたらいいのか、迷っております。 ご回答よろしくお願い致します。

          • 2023年12月初旬から個人事業主

            本職 2023年12月初旬迄、契約社員として務め契約満了になり 翌週月曜日から、委託として個人事業主扱いに切り替わりました。 引き続き、副業の時短アルバイト契約は続いています。 この際2023年の分医療費控除や、確定申告はどのようにしたら良いでしょうか。 毎年、2カ所からの収入と医療費控除の確定申告書はいたしておりました。 12月は本業が、給与と委託料が発生しているため、申告をどのように致したらよいかの問い合わせです。 また、2024年度分より何か届出は必要でしょうか。

            • 個人事業主で源泉徴収ありの請求について

              個人事業主で初心者でございます。 取引先から以下のように請求書を作成してくださいとのことでした。 請求金額 100,000円  (課税対象額 90,910円 、消費税9,090円) 源泉所得税 9,281円 差引振込額 90,719円 しかし、Freeeで請求書を作成すると 請求金額を90000円で計算、源泉徴収と消費税を税抜き価格で計算しないと計算が合わないような気がします。 小計 90,910円 消費税 9,091円 源泉所得税 -9,281円 請求金額 90,720円 私の場合は100000円の請求なのでどうにも疑問が残ります。 Freeeの場合だと使用上難しいのか、私の勘違いなのかわかりませんがご教授いただけると幸いです。

              • SNS運用における経費計上

                海外のSNSで日本文化を発信する完全ビジネス用のアカウントを運営している者です。 徐々にフォロワーは増えてきているのですが、マネタイズできる程ではなく赤字の状況です。 毎日ネタ探しや写真撮影をしたりするので、ネタ投稿にかかる費用などを事業所得として経費にできたりするのでしょうか?

                • 株と暗号資産の税金について

                  お世話になります。 例えば、同一年内に、 株で30万円の利益が出た。 暗号資産で10万円の利益が出た。 この場合、 株の税金は約20%  暗号資産の税金は住民税10% でしょうか? それとも、暗号資産は株の利益30万円と合算した40万円分の税率が適用されるのでしょうか? ご教示ください。 よろしくお願い致します。

                  • 車両購入について

                    軽車両を新車で購入したのですが、発注したのは令和5年で、納車されたのが令和6年の場合は令和5年度の確定申告に入るのでしょうか。また半分は2年後に支払うか売却かの2分割での支払いはどういった計算になるのでしょうか。ご教示ください。

                    • 年末調整を2か所でしてしまいました。

                      お恥ずかしながら知識不足で本業と副業どちらも年末調整をしてしまいました。 確定申告をしなければならないのはわかるのですが、申告書に入力する金額は手元にある年末調整済みの2枚の源泉徴収票の金額を足したものを記入する認識で合っていますでしょうか。 また、支払者の欄は本業の情報を入力するのでしょうか。

                      • PayPayの帳簿付けの仕方について

                        freee上のPayPay口座残高と、実際のPayPay残高が合わなくなっています。 合わせる必要がありますか? PayPayへのチャージに、同期したプライベート兼事業用口座を使っています。 PayPayはほぼプライベートの買い物で使い、たまに経費にする支払いも行います。 その帳簿付を、 チャージ→「PayPay口座へ口座振替」 PayPay決済→経費にする分の買い物だけをfreeeへ登録 で行っていました。 しかし、PayPayのプライベート支出も登録し残高を合わせるべきでしょうか? プライベートの買い物を総額にして「事業貸主」で登録し、残高を合わせてもよいのでしょうか…。 別サイトでは以下の方法で処理すれば、残高を合わせなくてよいと見かけました。 ↓ 「PayPayへのチャージはプライベート資金である事業主借を相手勘定とする」 「PayPayで支払った経費はプライベート資金で取引登録する」 このやり方でもよいのでしょうか?

                        • 配当と株式売却益の還付金について

                          事業収入と株式保有による配当収入があるのですが、少額のため、毎年の確定申告で還付を受けています。

 令和4年度の確定申告で、配当収入に対し源泉徴収された20.315%の金額を「所得の内訳書」の「源泉徴収税額」の欄に書いて提出したところ、税務署より見直しの書面が届き、下記の通り記載がありました。
 
—-
 配当の源泉徴収税額について、申告額が配当収入の20.315%となっているため、住民税(配当割額控除額5%)が含まれていると思われますので、減算しました。 
—-

 事業による収入は、源泉徴収による20.315%がそのまま還付されると思うのですが、配当収入に関しては所得税のみが還付対象となり、住民税は還付対象外なのでしょうか。
 また、令和5年度は株式の売却を行い、利益が出ているのですが、こちらの売却益も地方税率5%は還付の対象外となりますか?

                          • freeeのに自動で経理について

                            弊社は支払い方法として、みずほビジネスデビットを使用しています。 みずほビジネスデビットの同期の仕方が知りたいです 現状、前担当の経理の方がいろんな設定をされているのですが、それが理解できない 色々修正等していかなければいけないのですが、助けていただきたいです。

                            • 建設国保

                              後期高齢者支援金の勘定科目はなにになりますか?

                              • 勘定項目について

                                母子手当や、児童手当などは何で計上すればよろしいでしょうか。

                                • 前職での収入と退職後開業までの期間の失業手当

                                  4月末まで正社員として勤めていた会社を退職、 その後失業保険とバイトでの収入で就活していましたが、 フリーランスとして働くことにし、11月に開業。 確定申告にあたり、以前勤めていた会社の金額の区分と(Freee会計への入力方法も) その後開業まで受給していた失業手当の区分が(Freee会計への入力方法も) わからず初めての確定申告のため教えていただけたら幸いです。 なお開業手当は青色であげました。

                                  • 青色事業家族雇用について

                                    お世話になります。 現在青色事業を経営しております。 夫の扶養に入っている妹を雇用する予定なのですが、青色専従者の申請をせずにアルバイトとして雇用した場合、家族の扶養控除を受けることはできるのでしょうか?

                                    • 会社から貰う給与と自分の事業所得の確定申告について

                                      失礼します。 現在会社に勤めている形なのですが、 その会社の中で個人事業主の一人親方としての形でも働いてます。 なので会社から貰える給与と、自分の事業所得(報酬のような形?)があります。 会社から貰える給与は源泉徴収などされています。 事業の給与について確定申告は自分でしています。 確定申告時に「会社からの給与」などの項目があったのですが、 そこに会社から貰っている源泉徴収済みの給与を記載すべきですか? 以前会社と税務署に聞いた際、 会社から源泉徴収を受けているものは 何もしなくて大丈夫と言われたので分からなくて… また会社から貰っている給与は今年から配偶者控除を受けているようです。(38万円) 今まで妻を自分の専従者として給与を支払っていたのですが、 今年から専従者給与(年96万円)が出来ないということでしょうか? またこの場合どちらの方が得でしょうか? 何個もすみません。 宜しくお願い致します。

                                      • 源泉徴収されてない場合の確定申告と源泉徴収の納税について

                                        2023年に開業届を出して、従業員は私だけというフリーランスの者です。 質問のタイトルにありました確定申告なのですが、転職エージェントを仲介して仕事を受注しておりますが、消費税込みで報酬を頂いておりますが源泉徴収はされておりません。 一度相談はしたのですが、自身で納税するよう促されただけでした。 そのため確定申告では源泉徴収額は「0」なので未記入での提出を予定しておりますが、確定申告ではそれ以外に何か記載すべきことなどございますでしょうか。 それともこちらの方法では何か問題あるでしょうか。 また源泉徴収税を納税する必要があると思われるのですが、確定申告と併せて何か提出するべきものがあるのでしょうか。 ネットで調べてもよくわからなかったため、お知恵をお貸しいただけると幸いです。

                                        • 多面的機能支払交付金による日当の仕訳について

                                          個人事業主の農業者です。消費税課税事業者です。 多面的機能支払交付金による構成員であり日当を受けました。 仕訳と課税有無をお願いします。 なお、過去は集落での活動組織でしたが、市での広域活動組織に移行しました。 集落組織の時は雑収入で不課税でした。

                                          81~100件 / 1126件